これからは分散型取引所(DEX)がメジャーになる

 

今回は分散型取引所というものについて説明したいと思います。

分散型取引所とは、DEX(Decentralized Exchange)とも呼ばれており、企業などが中央で管理しなくても暗号通貨の取引ができるプラットフォームのことです。

ちなみにzaifやコインチェック、ビットフライヤーなど企業が運営する仮想通貨取引所は、中央集権型取引所(Centralized Exchange)と言われています。

 

 

分散型取引所はリスク管理に優れている

暗号通貨の取引は、ブロックチェーン(分散型取引台帳システム)を用いて行います。ブロックチェーン上での取引をするためには、秘密鍵と公開鍵が必要で、公開鍵はすべてのユーザーに公開されており、秘密鍵は非公開の状態になっています。

中央集権型取引所で暗号通貨の取引をする場合には、自分のウォレットの秘密鍵は取引所が管理することになります。

秘密鍵を取引所が管理することのデメリットは、取引所が外部からハッキングに遭って暗号通貨が盗まれたり何らかの理由で取引所での暗号通貨の取引が不可能になってしまった場合に、自分の資産を引き出すことができなくなってしまうということです。

これに対して分散型取引所は、秘密鍵を個人が所有して管理することができます。

こうすることによって、取引所の不手際によって自分の資産を失うというリスクを回避することができます。

 

 

分散型取引所のデメリットとは

リスク管理の面から優れている取引手法だと思われる分散型取引所ですが、いくつかのデメリットもあります。

 

一つ目のデメリットはコストがかかるということです。分散型取引所での取引では、オーダーブック(暗号通貨の取引において)をオンチェーン上(ブロックチェーン上)で管理しています。それによって注文をするときにはいちいちブロックチェーンのデータを書き換えなければいけません。この際にブロックチェーンのネットワークを維持するのにコストがかかってしまうのです。

中央集権型取引所の場合にはオーダーブックはオフチェーン(ブロックチェーン外)で管理されているので、このようなコストがかかることはありません。

 

もう一つのデメリットとしては、法定通貨の入出金ができないということです。ビットフライヤーやコインチェックなどでの暗号通貨の取引において円やドルなどの法定通貨の入出金が可能なのは、取引所が仲介をしているからです。法定通貨は暗号通貨のようにブロックチェーン上にデータとして載せて取引をすることはできないので、オンチェーンのみで取引をする分散型取引所での取引では入出金をすることができないのです。

 

 

技術の発展によりデメリットはなくなりつつある

しかしこれらのデメリットも、技術が進歩していくにつれてどんどん解消されつつあるようです。

コスト面に関していえば、近年発達してきているオフチェーン処理とアトミックスワップ(ハッシュ値を埋め込んだトランザクションを利用することで取引相手を信用していなくても安全にコインの交換ができる手順のこと)を組み合わせることにより、オフチェーン上でオーダーブックを管理することができるようになりつつあります。この技術が実用可能な段階になったらオンチェーンでのオーダーブックの管理にかかるコストを削減することができます。

また、法定通貨の入出金ができないということに関しても、暗号通貨がより生活の一部として組み込まれるようになれば、デメリットとして感じない人も増えてくることでしょう。

 

 

 

今は中央集権型取引所に比べて利便性に劣る分散型取引所ですが、将来的には暗号通貨取引のメジャーな手法となることは間違いないでしょう。

 

以上、分散型取引所に関する説明でした。

 

 

 

 

そもそも暗号通貨自体持ったことがないという方はまず取引所に登録しましょう!!

 

⇒ビットフライヤーに登録する

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

 

 

暗号通貨に関してのほかの記事もぜひご一読ください!

⇒国家主導のICOは既存の暗号通貨を駆逐するかもしれない | シュンとブログ

⇒ハードフォークは取引所にだけコストを押し付けるシステム | シュンとブログ

「現代の魔術師」落合陽一氏のVALU購入を勧める3つの理由

 

先日、少し遅ればせながらVALUを初めて購入しました。

VALUとはビットコインを用いたマイクロトレードサービスで、ビットコイン建てで個人が発行したVALUを購入することにより、特定の個人に対して金銭的支援をすることができるサービスです。

 

僕が始めてのVALU購入先に選んだのは落合陽一氏。

落合陽一氏のことを知らない方に一応説明しておくと、彼は1児の子を持つ父でありながら筑波大学の助教授をしながらメディアアーティストとして作品を世に出し、さらに企業家でもあるという、「ナンダコリャ」と度肝を抜くほどのスーパー人間なのです。(VALUのカテゴリーではなぜかコスプレイヤーとなっています(笑))

 

落合先生は波動やプラズマなどの独自のぎじゅずを用いて数々のメディアアート作品を世に送り出してきたことから、「現代の魔法使い」と呼ばれています。

 

こちらは落合先生が研究成果を発表している有名な動画です。空中に浮かんでいる光がとてもきれいで感動的な映像なのでぜひご覧になってみてください。

 

 

僕が落合先生のVALUを買おうと思った理由は、個人的に彼が好きだったから。メディアやSNS上での発言を聞いていると、「変わった人だなー」というのと同時に、「この人とんでもなく頭いいな」と思うことが多々あり、落合先生のインタビュー記事なんかがネットに上がってたりするとすぐチェックするほどの大ファンなのです。

 

そして実際に落合先生のVALUを購入してみた感想ですが、、、めっちゃいい!!ホント買ってよかった!!って感じです。初めてのVALU購入が落合先生で良かったですホント。

 

今回はなぜ私が落合先生のVALU購入をお勧めする3つの理由についてお伝えしたいと思います。

 

目次

  1. 1.VALUのホルダー限定で公開されている仮想通貨の値動き予想がめっちゃ当たる
  2. 2.VALU取引市場の流動性がある
  3. 3.優待で限定公開のオンライン配信がある

 

 

1.VALUのホルダー限定で公開されている仮想通貨の値動き予想がめっちゃ当たる

VALUER限定で公開されているつぶやきの中で、落合先生はしばしば仮想通貨の相場についての発現をすることがあります。この相場予想が恐ろしいくらいに的中しているんです!例えばほとんどの人が想定していなかったモナコインの高騰やその他ライトコインの高騰が起きる前に落合先生は「○○に注目して」と発言しており、(◯◯には仮想通貨の名前が入る)その予想をズバリ当てているのです。

 

本当に普段どのように仮想通貨の情報を仕入れているのかが気になるところですが、今後も落合先生の発言を追っていけば仮想通貨市場を読み解く力が身につくかもしれませんね。

 

仮想通貨投資をやっている人、これからやりたいと考えている人には、落合先生の仮想通貨市場の予想が知れるというのは非常に魅力的なのではないでしょうか。

 

 

2.VALU取引市場の流動性がある

落合先生のVALUEは現在591人いて、時価総額は1700BTCほど。これはVALUでは異例の数字で、それだけ落合先生に対して投資したいと思っている人が多いということです。

また、落合先生のVALUは定期的に売買が行われており、ある程度の流動性が保証されています。以下は最近1週間の落合先生のVALUの値動きです。これだけ価格が動いているということは、取引が活発に行われているということです。

また、買い板と売り板もVALU市場にしては非常に厚いです。(赤い板が売り板で、緑の板が買い板です。)

他の人のVALUはそもそもVALUを所有している人が少なかったり、取引が滅多に行われていなかったりすることがほとんどなので、自分がVALUを売りたいタイミングで手放すということができません。

 

「VALU はあくまでも特定の人物を応援するためのツールなんだから、株式市場のような流動性は必要ない」と主張する人はいますが、私はそうは思いません。自分の大切なお金を投資する以上は、その投資を引っ込めるという選択肢が確保されているというのは非常に大切なことなのです。

 

特にVALUが応援するためのツールなのであれば、その人物が「応援するに値しない言動」をとった場合に、投資していたお金を引っ込めたいと思うのはごく自然なことではないでしょうか?

 

そういった意味でも、取引市場の流動性があるというのは落合先生のVALUの大きな魅力のひとつだと思います。

 

 

 

3.優待で限定公開のオンライン配信がある

こちらは最近始まった8VALU以上保有している人限定の優待ですが、落合先生は毎週水曜日に朝7時から30分間youtubeで限定公開のライブ配信を行っています。

 

最近メディアへの露出が増えている落合先生ですが、ライブ配信という形で1人で話しているところはなかなか見れないのではないでしょうか。暗号通貨やAI、自身の研究のことなどについて濃密な内容のライブ配信が期待できます。

 

 

落合先生のVALUの魅力、少しでも伝わりましたかね?VALUは何より個人を支援するプラットフォームです。

 

そして落合先生を支援するということは、日本の研究やメディアアートシーンの発展に支援するということにもなります。今回の僕の説明で気になった方は、ぜひ一度落合先生のVALUのページを確認して、その購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

VALUを購入するためにはビットコインを持っていなければなりません。ビットコインの購入には取引所への登録が必要です。

ビットコインを購入するのにお勧めの取引所はbitbank(ビットバンク)BITPOINT(ビットポイント)です。

 

[bitbank(ビットバンク)のアカウントを開設する]

 

 

 

 

BITPOINTは、現在新規登録と入金をするだけで3000円分のBTCがもらえるキャンペーン中でもあります。(2018年2月中の登録まで有効)

 

[BITPOINT(ビットポイント)のアカウントを開設する]

 

 

目次に戻る

NEMが高騰する日は近い?NEMの将来性についてまとめてみた

 

今回はNEMについてです。NEMの単位はXEMで、合計8,999,999,999のXEM流通しています。現在流通している枚数以上のXEMが発行されることはないので、供給過多になって通貨の価値が落ちるということがおきづらい仕組みになっています。また、NEMはPOI(Proof OF Importance)というアルゴリズムを採用しているアルトコインです。


(CoinGeckoより引用)

 

POIの説明をする前に、NEMの「ハーベスト」について知っていなければなりません。

 

 

目次

  1. 「ハーベスト」とは
  2. COMSAのICO
  3. プライベートブロックチェーン「mijin」
  4. NEM好き達が集まる「NEMバー」
  5. twtter上で簡単にNEMのやり取りができる「tipNEM」
  6. NEMを送金すると書き込みができる掲示板「SNEM」

 

 

 

「ハーベスト」とは

ハーベストとは、ビットコインでいうマイニングのようなものです。マイニングの場合は、新しく生成したコインと取引手数料が報酬ですが、ハーベストではNEMの取引を承認することによって取引の手数料をもらうことができます。

NEMでハーベストをするためには、VestedされたNEMを10000XEM以上所有していなければなりません。NEMを自分のウォレットに入金すると、24時間後に10パーセントの額のNEMコインがvestedされた状態になります。そしてまた24時間たつと、vestedされていないNEMの10%がvestedされます。つまり、10000XEM以上がvestedされるためには、一定期間NEMを所有し続ける必要があるのです。(100000XEM以上を一気に入金した場合には、24時間後にハーベストが可能になります。)

NEMでは一分間に一回取引の承認と報酬の支払いが行われています。誰が報酬をもらえるかは、XEMの保有量と取引回数、取引量、取引相手などを考慮してランダムに決められます。これがPOIの仕組みです。

POIは、ビットコインに採用されているPoW(Proof Of Work)やイーサリウムのPoS(Proof Of Stake)と大きく異なる点があります。それは、金持ちが得をするシステムではないということです。

ビットコインのPoWは、簡単に言ってしまえばマイニングパワーを持っている者が得をし、イーサリウムのPoSは通貨の所有数の多いものが得をするシステムになっています。

一方NEMのPOIは、「NEMを積極的に使うものが得をする」というシステムになっているのです。

このことから、NEMは仮想通貨の本来の目的である「脱中央集権化」指向の強い仮想通貨であるといえます。今後NEMの「脱中央集権化指向の強さ」という価値が認められるようになればNEMの価格は大きく高騰していくと思います。

 

 

COMSAのICO

NEMは今年の8月に大きく価格が高騰し一時期は1XEM40円近くまで行きました。このときの高騰はテックビューロ社のCOMSAがICOを行うという話題の影響が大きかったものと見られています。

COMSAというのは、日本発のICOソリューションで、仮想通貨による資金調達の手段を提供するサービスです。⇒COMSA についての詳しい情報はこちらの公式ホームページまで。

COMSAはICOによる資金調達をサポートするサービスなのですが、そのCOMSA自身がCMSという独自トークンを発行し、資金調達をするというニュースが出ました。このCMSの購入には、ビットコインやイーサリウムの他にNEMが利用できるということで、NEMが高騰したのではないかといわれているのです。

⇒COMSAトークンセールはこちら

 

プライベートブロックチェーン「miji」

テックビューロ社は他にもというNEMネットワークの技術を元にした「mijin」というプライベートブロックチェーンを発表しています。

 

ビットコインなどの仮想通貨に使用されているブロックチェーンは、すべての人が使用可能なものなので、パブリックブロックチェーンといいます。これに対して限定された個人間の中でのみ使用できるのがプライベートブロックチェーンです。mijinを利用することにより、個人間や金融機関との間などでスムーズな送金のやり取りが可能になります。mijinは今後の金融システムのあり方を大きく変えていくことでしょう。

また、テックビューロ社は、今年中に「カタパルト」をNEMのパブリックチェーン上に実装することを発表しています。カタパルトとは簡単に言うとNEMのブロックチェーン上でのやり取りを高速化させるための仕組みで、mijinを開発した経験を参考にして開発されるということです。カタパルトが実装された場合、NEMのパブリックチェーンは1秒に1000件以上の処理が可能になるようです。

カタパルトの実装の日程が発表されたり、実際に実装されたりしたらNEの価格が上がるのではないかといわれています。それほど市場のカタパルトへの期待感が強いということですね。

 

テックビューロ社という、日本の仮想通貨業界をリードする存在がNEMの普及に力を入れているというのは、今後NEMの価格が上昇していく1つの要因となるのではないでしょうか。

 

 

NEM好き達が集まるバー

暗号太郎さんという方が今年の12月、渋谷駅から徒歩7分のところにNEMバーというNEM好きが集まるためのBARをオープンさせると発表したことが、仮想通貨界隈では非常に話題になりました。こちらのお店ではNEMコインのみでの支払いに対応する予定だそうです。

 

twtter上で簡単にNEMのやり取りができる「tipNEM」

tipNEMという、NEMをSNS上で気軽に送ることができるサービスが開発されたことも、小口の送金をスムーズにするという仮想通貨の本来の目的と非常にマッチしています。

このようにNEMコインをベースとしたコミュニティーが広がって言っているというのは、今後通貨が普及していくためには非常に重要なポイントです。今月モナコインという仮想通貨が急に高騰したのも、モナコインをベースとした独自のコミュニティーの発展が評価されたからだという説があります。モナコインも、NEMコインと同様にSNS上でモナコインが送れるtipMONAというサービスがあります。最近注目されているモナコインと似たネットワークの発達の仕方をしているというのも、私がNEMが近い将来高騰すると思っている理由のひとつです。

 

 

NEMを送金すると書き込みができる掲示板「SNEM」

「SNEM」は、指定のアドレス先にNEMを送金することによって掲示板に書き込みをすることができるサービスです。

SNEMはブロックチェーンを利用しているのでサーバレスな掲示板なんです。

データの改ざんしたり削除したりすることはできないので、自分が残したいメッセージをほぼ永久的にブロックチェーン上に残しておくことができます。

これは自分が死んだ後に家族や友人に見てもらいたい遺言を残しておくという使い方ができますね。まあ、遺言メッセージがほかの人に公開されてしまうんですが。(笑)

どうやら送ったNEMの金額によって文字の大きさが変わる仕組みになっていて、金額が増えると文字も大きくなるようです。

今のところ遺言くらいしか使い道があまりなさそうだけど、なんだか面白いサービスですよね。

NEMって関連のアプリケーションを作るのが他の仮想通貨に比べて結構簡単みたいなんですよね。これからもこういったサービスがどんどん生まれてNEMコミュニティーが活発化していくのではないでしょうか。

 

 

 

今後ますますの普及とその価格の高騰が期待されるNEMを、格安で手に入れられる今のうちに購入しておくことをお勧めします!!

 

国内でNEMを購入するならZaif(ザイフ)が板形式での取引なのでお勧めです。

 

[Zaif(ザイフ)のアカウントを開設する]

 

目次に戻る

 

 

仮想通貨に関する過去の記事もぜひご一読ください!

⇒仮想通貨の未来は明るい?仮想通貨のリスク要因についてまとめてみた。

⇒モナコインとは何なのか。ユーザーの愛が深すぎる仮想通貨について