今週と今後の話題アルトコインの動き10/14~10/20

今週と今後の話題アルトコインの動き10/14~10/20
Pocket
LINEで送る

先週の仮想通貨市場の動き

先週は国内では大きな動きはありませんでしたが、海外の取引所であるBitfinexで事前告知なしに入出金制限がかかる騒動がありました。(https://medium.com/bitfinex/fiat-deposit-update-october-15th-2018-

後から新しい入出金システムを導入することなどが発表されこの騒動自体は収まりましたが、入出金制限に合わせてBitfinex内のBitcoinの価格が急騰、それにつられるように他の取引所でもBitcoinの価格が上場して市場が大きく盛り上がりました。

最大の値幅となったのは事の発端となったBitfinexでした。

Bitcoinが急騰した要因として、ステーブルコイン*1であるUSDTの価格が急落したことによって資金退避のためにBitcoinやEthereumが買われたことによる値動きだったようです。
https://twitter.com/bokujyuumai/status/1051712602655453185

USDTが急落した原因については詳細は明らかではありませんが、今回の騒動で久々に大きなボラティリティ*2が生まれたのは事実です。

Bitfinexの日足

今週の仮想痛市場の動き

先週はBitfinexでの騒動でテクニカル*3を無視した動きが活発でしたが騒動後の動きは長期的に続いている下降トレンドの動きに戻っています。

今週も高値更新はせず下降トレンドは続いていくと思いますが、徐々に収束しつつあるので今からショート*4などはおすすめできない動きになりそうです。

下降トレンド収束に向けてロングを買い集める動きを狙うといいかもしれません。

次にアルトコインについて見ていきます。

XEM

XEMは雲の下を潜航する動きを継続していてBitfinexの入出金制限の影響は受けていないようです。XEMはBitcoinの大きな動きと連動する傾向にあるので今週も横ばいの動きを継続する可能性が高そうです。

MONA

MONAはBitfinexの入出金制限によるBitcoin急騰の影響は受けず前回予想した横ばいの動きを継続しています。今週も雲の下を潜航する横ばいに近いやや下落基調の動きとなると思います。

ALIS

ALISは前回予想した通り、高値を更新することはなく価格が下落しても価格を維持するように買い支えが入る動きとなっています。

開発状況などを見ても前回に引き続き今週も大きな動きはなさそうなので、Bitcoinの動きが大きくならない場合は同じような動きが予想されますがBitcoinの動きにつられた急落には注意しておきたいところです。

ZEC

ZECは前回の予想通り週末にかけて雲に沿う動きを見せ0.0167から0.0186と約11%の上昇を見せてくれました。今週は値幅が小さくなったレンジ相場*5を形成しそうですが、Bitcoinのトレンド転換ポイントになりそうな28日に向けて急な下落には注意したいところです。

PLY

PLYは週末にかけて価格が急落、買いはほとんど入っておらず売りだけが制約されている状態です。ERC20トークンに変換が完了してから価格は16.2円程度が底値と考えていましたが大きく割ってしまいました。

出来高が伴っていないため今週はさらに下落する可能性を考えておいた方がよさそうです。

*1価格変動の少ない仮想通貨のこと、USDTの場合1USDT=1ドルとして大きな価格変動がないようにしています
*2価格変動率のこと、価格変動しやすいものをボラティリティが大きいなどと表現します
*3チャートから値動きを予想することを指します
*4空売りのこと
*5価格がもみあって一定の幅で推移している状態を指します
 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
クリプ
仮想通貨WEBライター。元ネットワークエンジニア。 2018年7月に某IT企業を退職して独立、フリーライターに。 仮想通貨、ブロックチェーン関係の記事を幅広く執筆。 好きな仮想通貨はイーサリアム。最近はdAppsにハマっている。 仮想通貨歴: 2017年4月~ 1BTC=13万円の時に初めてビットコインを買うも、0.5BTCしか買わなかったため後に激しく後悔することとなる。