【仮想通貨を学ぶ】仮想通貨の将来性

【仮想通貨を学ぶ】仮想通貨の将来性
Pocket
LINEで送る

花蓮さんは、このところ勉強熱心。家事が終わった後に、為替相場をチェックしたり、仮想通貨について調べたりしているようです。

花蓮

仮想通貨っていっぱいあるのね〜サイトによって、取引できる仮想通貨って違うみたいだわ。

クリプ

花蓮も、いろいろと勉強をしているんだな。えらいぞ。

花蓮

取引を上手にするために、まずは情報を集めることが大事だからね!でも・・・こんなに沢山仮想通貨があるけど、これからもずっと存在し続けるのかな?

クリプ

どうした?花蓮。

花蓮

だって仮想通貨って、企業とかが作っているのよね。会社って倒産する可能性もあるじゃない。もし仮想通貨を発行している会社が倒産してしまったら、通貨はどうなってしまうのかしら。

クリプ

良いところに気がついたな。商品を作っている企業がもし倒産してしまったら、その商品は売られなくなる。しかし仮想通貨の場合は、ちょっと違うんじゃ。

花蓮

どういうこと?

クリプ

通貨として世の中に出回ると、そこには一定の市場が存在することになる。世界中にその通貨を持っている人がいるという事は、通貨として存在し続ける可能性があるんじゃ。

花蓮

じゃあ企業が倒産しても、通貨の価値がなくなる訳ではないのね。

クリプ

そういうことじゃな。しかし仮想通貨ができて、まだそんなに経っていない。実際にその状況が発生しなければわからないことばかりなんじゃ。

花蓮

何がおきるかわからないということね。じゃあ、仮想通貨の未来はどうやって予想すればいいの?将来性がわからないようなら、安心して投資ができないわ。

クリプ

発行している企業の業績が良かったら、その通貨の価値も高まる可能性がある。だから企業の将来性を見ると、発行している仮想通貨の将来性も予想できるんじゃ。

花蓮

なんだか株みたいね。

クリプ

そして発行元の企業だけでなく、その通貨を取り扱っている取引所の信頼性も重要じゃな。

花蓮

取引所ってなぁに?

クリプ

色々と調べているわりに、そこは知らないんじゃな。言葉の通り、仮想通貨を取引できるところじゃ。有名どころでいうと、bitFlyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)といった取引所があるぞ。

花蓮

その名前聞いたことある!CMで流れていたわ。

クリプ

取引所も企業によって運営されている。だからその企業が利益を得られない状況になれば、倒産して取引ができなくなるということも考えられる。

花蓮

コインチェックという取引所が以前問題になったわね。ニュースで取り上げられていたわ。

クリプ

サイバー攻撃をうけて、取引所から大量の仮想通貨を流出させてしまった事件じゃな。倒産にはならなかったが、その事件があって仮想通貨の価格は大きく下がってしまった。

花蓮

一般の通貨は、国に保証されているから安心だけど、仮想通貨は企業によって成り立っているから、なんだか心配ね。

クリプ

もし仮想通貨の将来性に不安があるのなら、投資は短期で行うこともできるぞ。投資には色々なやり方がある。何ヶ月、何年と持ち続けたり、1日のうちに何度も売買を繰り返したりと、人によって投資のやり方は様々じゃ。

花蓮

1日のうちに何度も取引をするのって、デイトレードっていうのでしょう?

クリプ

投資の知識が増えてきたな。まぁ、最近の仮想通貨の価格は安定しているから、長期で持ち続ける投資方法でも悪くはないじゃろう。

花蓮

いろんなやり方で投資ができるから、自分にあった方法を探すことが大切ね。

クリプ

そうじゃ。世の中には沢山の情報が出回っているし、色んな人が様々な意見を言っている。しかし最終的には、投資は自己判断で決めるものじゃ。

花蓮

未来のことはある程度予測できるかもしれないけど、確実に100%そうなるとは誰にもわからないものね。

クリプ

何事も自分で決めて、自分で責任を持つということじゃな。

 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
クリプ
仮想通貨WEBライター。元ネットワークエンジニア。 2018年7月に某IT企業を退職して独立、フリーライターに。 仮想通貨、ブロックチェーン関係の記事を幅広く執筆。 好きな仮想通貨はイーサリアム。最近はdAppsにハマっている。 仮想通貨歴: 2017年4月~ 1BTC=13万円の時に初めてビットコインを買うも、0.5BTCしか買わなかったため後に激しく後悔することとなる。