今週と今後の話題アルトコインの動き9/24~9/30

今週と今後の話題アルトコインの動き9/24~9/30
Pocket
LINEで送る

先週の仮想通貨市場の動き

先週の仮想通貨市場はRippleのXRPがNASDAQでの上場を検討しているニュースやBitmainの香港市場への正式なIPO*1申請のニュースによりXRPとBCHが大きく値を上げました。

XRPについては先週から引き続きの上場を見せていて、ここ2週間の値上がりは100%を超えました。BTCの値動きに連動しない価格変動が徐々に目立つようになってきました。

基軸であるBTCは9月頭の下落からレンジ相場*2が継続していますが、徐々に底値をあげてきていて、7月下旬に8,500ドルを付けたあとの下落から抜け出せるかどうかのところまで来ています。

来週中に6,800ドルを抜けてくるようなら完全に上昇トレンドに乗ったとみてよさそうです。

*1 新規株式上場の意味
*2 チャートが一定の幅で上下する状態、価格がもみ合っていることを表す

今週の仮想痛市場の動き

今週はいよいよRippleのカンファレンスであるSWELLが開催されます。

ニュース

去年は事前の期待感に比べて大きな発表はなく期待外れの結果となりましたが、今年は直近のファンダ*3情報から見ても銀行送金に関する内容で大きな発表があると期待してもよさそうです。

ただしXRPは既に大きな値上がりを見せているのでこれから入る人はSWELL前後での急激な値動きに翻弄されないように注意したいところです。

先週の動きで解説した通り、BTCが上昇トレンドに完全に切り替わるかどうかのターニングポイントも迎えそうなので仕込む場合は早めに仕込んでおきたいところです。

*3 開発状況などチャート以外の部分の情報

次にアルトコインについて見ていきます。

XEM

XEMは先週から引き続き厚い雲*4の下を潜行していますが、価格下落は完全に止まりこのまま小さなレンジを維持しながら進むことが予想されます。

来週以降雲にぶつかる前後で上昇か下落かの動きが分かると思うので今週はトレードするには難しいと思われます。

*4 チャートテクニカル分析の1つである一目均衡表で表示されるインジケーターを表す、雲にぶつかるところでチャートが跳ね返されたりすることが多い。

MONA

MONAは先週のZaifの補填買戻しと思われる急騰から落ち着いて190円弱の価格でレンジ相場に入りました。先週の急騰の影響で一目の雲が大きくよじれてしまったので週明け(10/1頃)に雲とぶつかる際、一旦下落に向かう可能性が高そうです。

その後の動きは様子を見ないとわかりませんが、今週前半は急な動きに注意が必要です。

ALIS

ALISは先週の下落ストップから出来高が増えつつあり価格も上昇に転じています。シグナル的にはレンジ相場に入ったようですので下落の局面は完全に回避したといえそうです。

開発的には先週は金融庁のイベントに代表が登壇するなど一般認知があがるようなイベントをこなしたこともあるので今週もゆるやかな上昇を期待したところです。

現在は60円付近ですが上値は71円、底値は55円ぐらいを見ていきたいと思います。

ZEC

ZECはネガティブなファンダ情報の影響を受けず仮想通貨市場の出来高に支えられて大きく上昇しました。

また、28に続けのGMOの発表でZcash対応の世界最速マイニングソフトウェアの提供が明らかになっていてポジティブなファンダ情報が市場を後押しする可能性があります。

ただし、チャート的には目の前の雲を突き抜けるような勢いは感じられないので来週後半にかけて下落の可能性も視野に入れながらトレードしたいところです。

PLY

PLYは先週ERC20トークン*5への変換がアナウンスされERC20トークン版のPLYに唯一対応しているBithumbでの流動性が一気に活発化した結果イナゴチャート*6に近い形が形成されました。

イナゴチャートは一時20円付近を付けましたが、現在はERC20トークンへの変換アナウンス前の価格に近い17.5円付近まで戻しています。

今週はファンダによる大きな情報がない限りは17.5円付近を中央値としたレンジを形成していきそうです。開発状況に注視したいところです。

*5 Ethereumブロックチェーン上で発行される通貨(トークン)を表す、ICOする仮想通貨の多くはERC20トークン
*6 価格の急騰につられて値動きに合わせて買いを入れてしまう投資家の動きをイナゴの群れに例えて表す

おすすめ仮想通貨取引所

順位 BEST1の画像
1位
BEST2の画像
2位
BEST1の画像
3位
仮想通貨取引所

ビットポイント


GMOコイン


DMMビットコイン
取扱銘柄一覧
ビットコイン
(Bitcoin)

ビットコイン
(BTC)

ビットコイン/Bitcoin
(BTC)

ビットコインキャッシュ
(Bitcoin Cash)

イーサリアム
(ETH)

イーサリアム/Ethereum
(ETH)

イーサリアム
(ETH)

ライトコイン
(LTC)

ネム/NEM
(XEM)

ライトコイン
(Litecoin)

ビットコインキャッシュ
(BCH)

リップル/Ripple
(XRP)

リップル/Ripple
(XRP)

リップル/Ripple
(XRP)

イーサクラシック/Ethereum Classic
(ETC)

ライトコイン/Litecoin
(LTC)

ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash
(BTH)
各手数料
取引所手数料 無料
販売所手数料 – (取引所のみ) スプレッド スプレッド
日本円出金手数料 324円(クイック入金無料) 無料 無料
ビットコイン

出金手数料
無料 無料 0.0008BTC~
購入価格
最低取引単価 0.0001BTC 0.0001BTC 0.001BTC
最小取引価格 100円 100円 1000円
使いやすさ
(5段階評価)
購入に関して 5


5段階評価の枠


5段階評価の値

5


5段階評価の枠


5段階評価の値

4


5段階評価の枠


5段階評価の値

取引に関して 5


5段階評価の枠


5段階評価の値

4


5段階評価の枠


5段階評価の値

4


5段階評価の枠


5段階評価の値

評価に関しての概要

評価に関しての概要全ての取引手数料が無料、という圧倒的なコストの低さが特徴です。

取引通貨は5種類とやや少ないものの、これらの通貨を取引するのであれば非常におすすめです。またビットコインFXは様々なテクニカル指標を備えており使いやすさは随一です。

セキュリティに力を入れており、万が一取引所がハッキングに合った場合でも盗難補償により資産が全て帰ってくるため安心です。

スマホで手軽に取引可能な取引所として、現在注目されている取引所です。

また実際にアプリも使いやすく、それらが高い評価に繋がっていると考えられます。

最大の特徴はアルトコインのレバレッジ取引ができる点です。

このような取引所は世界でもほとんどないため、今後の展開が注目されている取引所です。

対応について

(アプリやWEB対応に

関しての5段階評価)
5


5段階評価の枠


5段階評価の値

5


5段階評価の枠


5段階評価の値

4


5段階評価の枠


5段階評価の値

セキュリティ

(ウォレットやマルチシグ、

会社の信頼などを踏まえた

5段階評価)
5


5段階評価の枠


5段階評価の値

3


5段階評価の枠


5段階評価の値

3


5段階評価の枠


5段階評価の値

取引所
or
販売所
取引所 販売所 販売所
総合評価
(5段階評価)
5


5段階評価の枠


5段階評価の値

4


5段階評価の枠


5段階評価の値

3.5


5段階評価の枠


5段階評価の値

コメント

手数料が全て無料、スマホアプリも使いやすいインターフェース、高いセキュリティと、投資家にとっての使いやすさを重視しているイメージがあり好印象です。

その分広告費が少なめなのか露出が少なく、取引ユーザーは現時点では少なめです。まだ取引ユーザーは少ないものの、最近はキャンペーンやテレビCMも打ち出しているため、今後一気にユーザーが増加することが予想されます。

スマホアプリが充実し、手軽に取引を行えるのが特徴的であり、魅力的な取引所です。 各種手数料が無料な点も魅力的です。

アルトコインのレバレッジ取引が可能な希少価値のある取引所です。

まだできたばかりの取引所なので、今後にも注目です。

サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

sytry7

2017年より仮想通貨トレードを開始。 2017年中はICO参加、アルトコインの現物売買を中心にトレードしていましたが年末のバブルで売り抜けてからはBTCFXを中心にトレードしています。 BTC以外でトレードしているアルトコインは数銘柄に絞っていますが、ICO参加していた時の名残で新興コインを調べたり、技術的な内容を自分なりにまとめたりは今でも続けています。 数百万を数千万円まで増やした実績をもとにテクニカル分析など解説していきます。