【仮想通貨を学ぶ】仮想通貨の仕組み

【仮想通貨を学ぶ】仮想通貨の仕組み
Pocket
LINEで送る

クリプから、仮想通貨の取引について学んだ花蓮さん。

仮想通貨についてもっと勉強をしようと、やる気が高まったようです。しかし、いつものお買いもので使う「日本円」と違って、目に見えないし触れない仮想通貨は、何となくイメージがつきません。

前回までの記事は、こちら

クリプ

仮想通貨について学ぶなら、まずは「通貨」の意味について考えることが大切じゃ。

花蓮

まずは基本からね。「通貨」は普段お買いものをするときに使うわ。昔は物々交換をしていたけど、それだと大変だから、通貨ができたのよね。

クリプ

そうじゃ。みんなが通貨の価値を信用しているからこそ、通貨を使うことができるんじゃ。では、質問じゃ。ここに1万円があるとするじゃろ。これは東京でも九州でも同じ価値を持つか?

花蓮

簡単な問題ね!どこでも1万円として同じ価値を持つわ。

クリプ

じゃあ、海外だったら、どうじゃ?1万円をドルする時は、いつでも同じ値段に替えられるじゃろうか?

花蓮

うーん。毎日、ニュースで、1ドルいくらってアナウンサーが言っているわね。だから、値段は変わるんじゃないかしら。

クリプ

正解じゃ。例えば日本とアメリカで貿易をする場合、為替相場を意識する必要があるんじゃ。為替の差額によって、利益に影響が出てしまうからな。

花蓮

日本国内だと、日本円の価値は変わらないけど、海外になると、価値が変わってしまうのね。なんだか面倒くさいわね。

クリプ

面倒くさいというな!じゃあ、仮想通貨の場合は価値が変わると思うか?

花蓮

前にクリプに教えてもらったわ。仮想通貨は国が作った通貨ではないから、世界中で同じ価格で取引されるわ。

クリプ

よく覚えていたな。えらいぞ。国が保証していない代わりに、国境も関係ないから、世界中どこでも同じ価値を持っているんじゃ。だから仮想通貨の場合は、為替相場を意識しなくてもいい。これって何かに似てると思わないか?

花蓮

え?なんだろう。わからないなぁ。

クリプ

花蓮、もっと世界のことを勉強しなさい!「ユーロ」って聞いたことあるじゃろ?

花蓮

聞いたことあるわ。確かヨーロッパの色々な国で共通で使われているお金よね。

クリプ

そうじゃ。ユーロも国境がない通貨といえる。仮想通貨と似ている通貨じゃな。結論をいうと、仮想通貨は、一般に使われている通貨と、仕組みは何も変わらないんじゃ。ただ発行元が違う。

花蓮

一般の通貨は国で、仮想通貨は企業とかだっけ?

クリプ

そうじゃ。そして硬貨や紙幣といった、目に見える形を持たないところも違う。仮想通貨を買うときに、クレジットカードで支払ったのなら、なおさらじゃ。物理的な形を持たないからこそ、インターネットを通して、仮想通貨は世界中に広がったんじゃ。

花蓮

日本円だったら、日本でしか基本的には使えないけど、仮想通貨だったら、世界中で使えるから、「地球の通貨」ともいえるのかもしれないね。

続く。。。

 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
クリプ
仮想通貨WEBライター。元ネットワークエンジニア。 2018年7月に某IT企業を退職して独立、フリーライターに。 仮想通貨、ブロックチェーン関係の記事を幅広く執筆。 好きな仮想通貨はイーサリアム。最近はdAppsにハマっている。 仮想通貨歴: 2017年4月~ 1BTC=13万円の時に初めてビットコインを買うも、0.5BTCしか買わなかったため後に激しく後悔することとなる。