今週と今後の仮想通貨の動き8/26~8/31

今週と今後の仮想通貨の動き8/26~8/31
Pocket
LINEで送る

今週の主要コインの動き

8/26週の値動き:長かったレンジ相場抜け一時高騰、一時79万円台をつける

出典:BitPoint(ビットポイント)

8月11日頃の急落よりビットコインは長らくレンジ相場で推移していましたが、今週遂に動きがありました。

今週初め8月25日~26日にかけては大きな値動きも見られず先週末に引き続きヨコヨコ相場となっています。中期的には11日よりビットコイン価格は上昇トレンドとなっていましたが、75万円のレジスタンスライン(※1)を越えることができず、26日も74万円台の値動きにとどまりました。

しかし長いレンジ相場でボリンジャーバンド(※2)はスクイーズしてきており、そろそろ動きがあるかと見ていた矢先の高騰となりました。

28日8時頃、ビットコイン価格は1時間で2万円ほど値を上げ75万円のレジスタンスラインを突破し76万円台後半まで値を上げました。その後も上昇トレンドは続き、29日には最高値79万4千円を付けました。

そのまま80万円を突破して更なる上昇トレンドに入るか、調整下げとなるかというところで揉み合いましたが結局79万円を越えるレンジ幅とはならず30日より下落トレンドへ転換しました。

30日は最安値75万円台をつけたものの75万円を割ることはなく、31日現在はレンジ幅76万-78万程度で推移しています。

※1レジスタンスライン:抵抗線。売り圧力が多いと思われる価格帯。この価格を境に価格の上昇は止まり、反落することが多い。過去の高値がその後のレジスタンスラインになりやすい。

※2ボリンジャーバンド:移動平均を表す線を中心に上下に値動きの幅を示す線を加えたテクニカル指標。統計学的に「価格の大変がこのバンドの中に収まる」とされており。複数本の線がスクイーズ(収束)と、エクスパンション(拡散)を繰り返している。

8/28:ビットコインのハッシュレートが史上最高値を記録

8/28のビットコイン相場の急騰にはファンダメンタル的要素はあまり関係していないと見ていますが、今後の値動きにも関係して来そうなニュースをいくつかピックアップして見ていきます。

TradingViewによると8/28にビットコインのハッシュレートが史上最高値の62,000,000 を記録しています。

BCHAIN/HRATE QUANDL:BCHAIN/HRATE

ビットコインのハッシュレートは基本的には上昇しており、高値を更新し続けていますが、8/28は特に突出したハッシュレートを記録していることがわかります。

2017年時点では基本的にはビットコイン価格とハッシュレートは相関するとされていましたがビットコイン価格が下落傾向にある2018年でもハッシュレートは上がり続けています。

ハッシュレートの上昇はマイニング競争の激化を表しており、多くの企業がマイニング事業に乗り出している昨今ビットコインへの期待は依然として高いことがわかります。

28日のビットコイン価格の上昇とハッシュレートの上昇は卵が先か、鶏が先かのようなところがあり、一方が他方に影響を及ぼしたとは考えづらいですが、今後先行してハッシュレートが上昇した際にはトレンドを見る上での一つの指標になるのではと思っています。

SEC、ビットコインETFは再検討

先週、SECは計9つのビットコインETFを非承認としましたが、一時撤回して再検討することを発表しました。

米SEC(証券取引委員会)が9種類のビットコインETFの否決を再検討すると発表

28日のビットコイン価格の上抜けはビットコインETF承認への若干の期待感もあるかもしれません。しかしビットコインETFの価格操作への懸念など、ビットコイン承認への材料は何も整っていない状態で再審査の後に承認されることは考えづらく、改めて非承認になる可能性が極めて高いと見ています。

マーケットにもビットコインETFの承認はあまり期待していないムードが漂っており、非承認が発表されたところで相場はそれほど変動しないと思われます。

仮にビットコインETFが承認された際には相場は急騰すると考えられ、90万円近くのレジスタンスラインも突破するでしょう。
再審査完了までの目処は発表されていません。

29日:EU財務相は9月の会合でデジタル資産の問題を協議予定

欧州連合(EU)の財務相は9/7に行われる会合でデジタル資産の問題について協議することを発表しました。・EU財務相、9月会合でデジタル資産の問題を協議へ、BTC7000ドル割れ会合はオーストラリアのウィーンで行われる予定です。

ヨーロッパは他諸国と比較するとICO規制を始めとした仮想通貨規制は行われていませんでした。そのためこの会合によってEU圏にも何かしらの規制が実施される可能性があります。

このニュースは29日のビットコイン相場が78万円台揉み合いからの下落となった一因にもなっていると考えています。9/7にどのような発表がされるかわかりませんが内容次第でビットコイン価格は先週までの水準に逆戻りする可能性があります。

いずれにせよ注目していきたいイベントの一つです。

今後の仮想通貨の値動き予想

出典:BitPoint(ビットポイント)

来週前半のビットコインは76万円~79万円のレンジ相場で推移すると見ていますが、来週後半が一つのポイントになると思っています。日足ベースで見ると来週後半頃に一目均衡表(※3)がねじれており、このタイミングで79~80万円の壁を超えられるかが注目です。

日足ベースで見ると来週末以降は一目均衡表の分厚い雲ができており、雲を上抜けできなかった場合は徐々に下落していく事になりそうです。

もし上に抜けられた場合は80万円台へ到達することになりますが、9/7のEU財務相による発表含めファンダメンタル的な好材料が多く出るとは考えづらく、すぐにまた80万円を割ることになるかもしれません。

※3一目均衡表:相場変動のタイミングを表すテクニカル指標の一つ。最大の特徴は2本の線で囲まれた「雲」という価格帯で、この雲が価格上昇/下落を妨げる抵抗帯として作用する。雲は厚いほど抜けることが難しい。

各銘柄の動き

ビットコイン(BTC)

出典:BitPoint(ビットポイント)

11日からのレンジ相場は脱しましたが、依然として分厚い雲があり、80万円を突破するのは難しそうです。先週までレジスタンスラインだった75万円が来週はサポートライン(※4)として機能することになりそうです。今後のトレンド転換のポイントとしては以下の2つを予想しています。

  • ①雲がねじれる9/5頃
  • ②9月中旬、雲と75万円台の交わるライン
  • ファンダメンタル要素によっては急騰、急落も考えられるので今後もニュースを追っていきます。

    ※4サポートライン:支持線。レジスタンスラインとは逆に買い圧力が多いと思われる価格帯。この価格を境に価格の下落は止まり、上昇することが多い。過去の安値がその後のサポートラインになりやすい。

    ビットコインキャッシュ(BCH)

    出典:BitPoint(ビットポイント)

    ビットコインキャッシュは小幅な値動きにとどまっています。

    今週のアルトコイン全体にいえることですがビットコイン価格からの影響をあまり受けていないように見受けられます。ビットコインキャッシュは8月中旬よりずっと6万円付近での値動きを保っており、上からは一目均衡表の雲が迫ってきています。
    ボリンジャーバンドもスクイーズしてきており、そろそろ大きな価格変動が起きそうです。

    ビットコインキャッシュに関するニュースは近頃あまりないのでビットコイン関連のニュースに注目していきましょう。

    イーサリアム(ETH)

    出典:BitPoint(ビットポイント)

    イーサリアムも今週は小幅な値動きにとどまり、週半ばで若干上昇したものの値を戻しています。相変わらず中期的な下落トレンドの真っ只中で底値を更新し続けています。

    イーサリアムは再来月末にハードフォークを控えています。ハードフォーク前には価格の上昇が見込まれるためその上昇をバネにして価格を元に戻し、長期的な上昇トレンドに戻せるかが鍵となりそうです。

    ライトコイン(LTC)

    出典:BitPoint(ビットポイント)

    基本的にビットコインに追従する動きとなるライトコインですが、今週はほとんど値が動いていません。しかし8/31の出来高は非常に多く、買い圧力と売り圧力が激しく拮抗していることがみて取れます。ライトコインは週末にかけて大きな値動きをみせることになるかもしれません。

    今週のビットコイン価格に遅れて追従している可能性もあり、6500円付近のレンジを大きくブレイクしそうです。

    リップル(XRP)

    出典:BitPoint(ビットポイント)

    リップルも他のアルトコイン同様小幅な値動きです。出来高も少なくなってきており、来週はあまり大きな変動もないと考えられます。

    このままのレンジ相場で進んでいくと9月中旬ごろに雲とぶつかることになるのでそのタイミングでのトレンド転換が予想されます。上抜ける事ができればリップルの相場水準は上がると思われるのでリップルホルダーは注目です。

    おすすめ仮想通貨取引所

    順位 BEST1の画像
    1位
    BEST2の画像
    2位
    BEST1の画像
    3位
    仮想通貨取引所

    ビットポイント


    GMOコイン


    DMMビットコイン
    取扱銘柄一覧
    ビットコイン
    (Bitcoin)

    ビットコイン
    (BTC)

    ビットコイン/Bitcoin
    (BTC)

    ビットコインキャッシュ
    (Bitcoin Cash)

    イーサリアム
    (ETH)

    イーサリアム/Ethereum
    (ETH)

    イーサリアム
    (ETH)

    ライトコイン
    (LTC)

    ネム/NEM
    (XEM)

    ライトコイン
    (Litecoin)

    ビットコインキャッシュ
    (BCH)

    リップル/Ripple
    (XRP)

    リップル/Ripple
    (XRP)

    リップル/Ripple
    (XRP)

    イーサクラシック/Ethereum Classic
    (ETC)

    ライトコイン/Litecoin
    (LTC)

    ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash
    (BTH)
    各手数料
    取引所手数料 無料
    販売所手数料 – (取引所のみ) スプレッド スプレッド
    日本円出金手数料 324円(クイック入金無料) 無料 無料
    ビットコイン

    出金手数料
    無料 無料 0.0008BTC~
    購入価格
    最低取引単価 0.0001BTC 0.0001BTC 0.001BTC
    最小取引価格 100円 100円 1000円
    使いやすさ
    (5段階評価)
    購入に関して 5


    5段階評価の枠


    5段階評価の値

    5


    5段階評価の枠


    5段階評価の値

    4


    5段階評価の枠


    5段階評価の値

    取引に関して 5


    5段階評価の枠


    5段階評価の値

    4


    5段階評価の枠


    5段階評価の値

    4


    5段階評価の枠


    5段階評価の値

    評価に関しての概要

    評価に関しての概要全ての取引手数料が無料、という圧倒的なコストの低さが特徴です。

    取引通貨は5種類とやや少ないものの、これらの通貨を取引するのであれば非常におすすめです。またビットコインFXは様々なテクニカル指標を備えており使いやすさは随一です。

    セキュリティに力を入れており、万が一取引所がハッキングに合った場合でも盗難補償により資産が全て帰ってくるため安心です。

    スマホで手軽に取引可能な取引所として、現在注目されている取引所です。

    また実際にアプリも使いやすく、それらが高い評価に繋がっていると考えられます。

    最大の特徴はアルトコインのレバレッジ取引ができる点です。

    このような取引所は世界でもほとんどないため、今後の展開が注目されている取引所です。

    対応について

    (アプリやWEB対応に

    関しての5段階評価)
    5


    5段階評価の枠


    5段階評価の値

    5


    5段階評価の枠


    5段階評価の値

    4


    5段階評価の枠


    5段階評価の値

    セキュリティ

    (ウォレットやマルチシグ、

    会社の信頼などを踏まえた

    5段階評価)
    5


    5段階評価の枠


    5段階評価の値

    3


    5段階評価の枠


    5段階評価の値

    3


    5段階評価の枠


    5段階評価の値

    取引所
    or
    販売所
    取引所 販売所 販売所
    総合評価
    (5段階評価)
    5


    5段階評価の枠


    5段階評価の値

    4


    5段階評価の枠


    5段階評価の値

    3.5


    5段階評価の枠


    5段階評価の値

    コメント

    手数料が全て無料、スマホアプリも使いやすいインターフェース、高いセキュリティと、投資家にとっての使いやすさを重視しているイメージがあり好印象です。

    その分広告費が少なめなのか露出が少なく、取引ユーザーは現時点では少なめです。まだ取引ユーザーは少ないものの、最近はキャンペーンやテレビCMも打ち出しているため、今後一気にユーザーが増加することが予想されます。

    スマホアプリが充実し、手軽に取引を行えるのが特徴的であり、魅力的な取引所です。 各種手数料が無料な点も魅力的です。

    アルトコインのレバレッジ取引が可能な希少価値のある取引所です。

    まだできたばかりの取引所なので、今後にも注目です。

    サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
     
    Pocket
    LINEで送る

    The following two tabs change content below.
    クリプ
    仮想通貨WEBライター。元ネットワークエンジニア。 2018年7月に某IT企業を退職して独立、フリーライターに。 仮想通貨、ブロックチェーン関係の記事を幅広く執筆。 好きな仮想通貨はイーサリアム。最近はdAppsにハマっている。 仮想通貨歴: 2017年4月~ 1BTC=13万円の時に初めてビットコインを買うも、0.5BTCしか買わなかったため後に激しく後悔することとなる。