現在でも使用されている地域密着型電子通貨、岐阜のさるぼぼコイン

現在でも使用されている地域密着型電子通貨、岐阜のさるぼぼコイン
Pocket
LINEで送る

2018年に入り仮想通貨の世界でにわかに注目を集めているのが地域性です。ロシア・スウェーデンなどは、国独自の仮想通貨の発行を考えています。

中国が仮想通貨取引を禁止した背景にも、官製仮想通貨の検討があると言われています。国家単位での話だけではなく市町村単位で独自仮想通貨を発行しようという動きも存在しているほどです。

一方で地域密着型の通貨を既に発行しているところがあります。その代表例が岐阜県高山市・飛騨市・白川村で使用されているさるぼぼコインです。飛騨信用組合が発行しており、発行開始当初は100店だった加盟店の数も、現在では540店を超えました。

今回は、今後の地域通貨の手本ともなる可能性を秘めたさるぼぼコインについて紹介します。

さるぼぼとは

さるぼぼとは、昔から飛騨地方で親しまれていた赤い生地の人形です。さるは動物の猿、ぼぼは飛騨の方言で赤ちゃんを意味します。

現在ではお土産としても販売されており、赤以外にも青・紫・金色などさまざまな色の人形が作られています。通信販売している商店もあり、遠隔地からの購入も可能となっています。古くから悪霊除け、疫病除けのお守りとして親しまれており、2008年10月には岐阜県郷土工芸品にも指定されています。

さるぼぼコインについて

さるぼぼコインは、2017年12月に始まった地域密着型の電子通貨です。ブロックチェーンを使って管理・運営されているため仮想通貨のような特徴も持っていますが、どこかの取引所に上場しているわけではありません。今後も上場することはないでしょう。

交換レートも1コイン=1日本円で固定されています。そのような事情もあり管理下である飛騨信用組合は、電子通貨と称しています。さるぼぼコインのチャージは、飛騨信用組合の本店・支店・出張所・さるぼぼ倶楽部サロン棟で行うことができます。

土日は営業していないところも多いですが東山支店・さるぼぼ倶楽部サロン棟は、年末年始以外の土日も営業しているためチャージ可能です。

さるぼぼコインが生まれた理由

日本の地方市町村の多くが高齢化問題に悩まされているように、飛騨地方でも高齢化は深刻な問題になっています。そんな高齢化問題を解消するひとつの方法として考え出されたのが、お金の地産地消です。

さるぼぼコインの流通する飛騨市・高山市・白川村の営業エリアの人口は、それぞれ約2万5,000人、約8万9300人、約1600人です。合計しても12万人に届きません。地域経済を活性化させるためには、飛騨信用組合も含めて地域経済を育てる活動が必要不可欠でした。

一方で飛騨市・高山市・白川村の観光客は年間で450万人にも上ります。世界遺産でもある白川郷・ユネスコ無形文化遺産にも登録された起し太鼓の里、他にも宇津江四十八滝・黒部五郎岳などの名勝も存在します。最近では映画「君の名は。」の影響もあり、多くの観光客が押し寄せています。

日本人観光客も多いですが、海外からの観光客も少なくありません。450万人の内の45万人と全体の約1割を海外からの観光客が占めています。

日本ではまだ現金での取引が多いですが、海外ではキャッシュレスが急速に進んでいます。特に北欧スウェーデンでは、祭りの出店でさえスマートフォンのアプリによる決済が可能になっています。現金禁止となっている店も多く、現金を使うのは観光客だけとも言われているほどです。

中国や東南アジアでもスマートフォンのアプリによる決済は浸透しています。海外の人にとって現金での取引よりもアプリ決済の方が馴染みが深いといえます。

さるぼぼコインも始めから上手く行ったわけではありません。特に開始前の周囲の評価は冷ややかでした。日本で流通している地域通貨は、500種類を超えます。現在廃止されている通貨を含めれば更に増えるでしょう。こういった地域通貨の運用経験のある人ならば、導入や運用の手間を想像できると思います。

さるぼぼコインがここまで普及した理由のひとつは、地道な加盟店の増加です。2013年から飛騨信用組合は、「ひだしんさるぼぼ倶楽部」という組織を運営しています。原資は飛騨信用組合負担で、会員になればドリンク1杯無料などの特典がありました。

この「ひだしんさるぼぼ倶楽部」が現在のさるぼぼコイン加盟店の基礎となっています。更に飛騨信用組合職員・役員・家族の行きつけの店から加盟店へと広がっていきました。

今でも飛騨信用組合は、自分たちも地域経済の一部であることを忘れていません。飛騨信用組合の決算賞与の一部は、さるぼぼコインで支給されているほどです。このような地域密着の強い繋がりがあったからこそ、高齢者の多い飛騨地区でも導入を受け入れられたのでしょう。

さるぼぼコインのメリット

まず現金を持ち歩く必要がありません。細かい貨幣で財布が重くなったり、支払いで手間取ったりする心配も不要になります。利用者側は勿論ですが、加盟店側も釣り銭用の現金の準備を減らすことができます。

次に導入の簡単さです。利用者はスマートフォンにアプリをインストールするだけです。加盟店側もQRコードの設置だけで導入することが可能です。

最後のアプリの機能です。ただ決済が可能というだけではなく、使用履歴をアプリ上で確認することができます。レシートや領収書をわざわざ貰う必要がなくなります。身に覚えのない出費があった場合でも、このアプリの使用履歴を遡れば確認できるわけです。

更に指紋認証や暗証番号設定機能も取り入れられており、セキュリティ面の強化にも力を入れています。

他にもアプリを通じて加盟店のニュースや位置情報を受け取ることが可能です。加盟店側も割引などの広告をアプリを使って宣伝することができるわけです。

このアプリには送金機能もついており、個人間の送金だけではなく加盟店同士の送金にも使用できます。店の売り上げなど多額の金額を持ち歩く必要がなくなるのも大きなメリットです。

キャッシュレスを促す方法としてクレジットカードという手段も存在します。ですがクレジットカードでは5%程度手数料がかかります。一方でさるぼぼコインの手数料は2%未満に抑えられています。加盟店のコイン送金手数料にいたっては、送金額×0.5%+消費税となっています。

さるぼぼコインのウォレットアプリは、以下URLからダウンロードできます。

・GooglePlay

https://itunes.apple.com/jp/app/

・App Store

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.hidashin.wallet

さるぼぼコインの注意点

さるぼぼコインの注意点は、使用期限があることです。最後に使用した日から1年後の月末が使用期限になります。例えば2018年6月15日が最終使用日だった場合は、2019年6月30日が使用期限です。2019年7月1日にはチャージしてあったさるぼぼコインが、全て失効します。

さるぼぼポイントをチャージすると、プレミアムポイントが付いてきます。このポイントもさるぼぼコイン同様にチャージした日から1年後の月末が使用期限です。翌月になると失効してしまいます。

地元の人や近隣の人ならば使用期限を気にすることはないでしょうが観光目的の人は注意しましょう。

またさるぼぼコインは、一度チャージすると原則現金化することができません。チャージ上限は200万円と多いですが、チャージしすぎて使用期限を迎えるようなことの無いように注意する必要があります。

もしさるぼぼコインの残高が不足していた場合でも、現金で差額を支払うことは可能となっています。

今後のさるぼぼコイン

今後もさるぼぼコインは、より使いやすくなるよう機能のアップデートが予定されています。2018年3月には現金からだけではなく、飛騨信用組合の口座から直接チャージする機能が追加されました。また海外からの観光客に向けて、外国語への対応も予定されています。

飛騨地方の反映とともにさるぼぼコインは、今後更に普及していくでしょう。

順位 BEST1の画像1位 BEST2の画像2位 BEST1の画像3位
仮想通貨取引所 bitflyer GMOコイン DMMビットコイン
取扱銘柄一覧 ビットコイン(Bitcoin) ビットコイン(BTC) ビットコイン/Bitcoin(BTC)
イーサリアム(ethereum) イーサリアム(ETH) イーサリアム/Ethereum(ETH)
イーサリアムクラシック(ethereum classic) ライトコイン(LTC) ネム/NEM(XEM)
ライトコイン(Litecoin) ビットコインキャッシュ(BCH) リップル/Ripple(XRP)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash) リップル/Ripple(XRP) イーサクラシック/Ethereum Classic(ETC)
モナーコイン(Monacoin) ライトコイン/Litecoin(LTC)
LISK(LSK) ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash(BTH)
各手数料
取引所手数料 0.01%~0.15%
販売所手数料 スプレッド スプレッド スプレッド
日本円出金手数料 216~756円 無料 無料
ビットコイン
出金手数料
0.0004BTC~ 無料 0.0008BTC~
購入価格
最低取引単価 0.00000001BTC 0.0001BTC 0.001BTC
最小取引価格 1円以下 100円 1000円
使いやすさ(5段階評価)
購入に関して 55段階評価の枠5段階評価の値 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
取引に関して 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
評価に関しての概要

bitflyerはバランス型の取引所として定評があり、取引量の多さが特徴的でもあります。

初心者の人でもバランスよくトレードができる取引所としても評価されています。

サーバーの安定度とスマホアプリの使いやすさも、高評価の要因となっています。

スマホで手軽に取引可能な取引所として、現在注目されている取引所です。

また実際にアプリも使いやすく、それらが高い評価に繋がっていると考えられます。

最大の特徴はアルトコインのレバレッジ取引ができる点です。

このような取引所は世界でもほとんどないため、今後の展開が注目されている取引所です。

対応について
(アプリやWEB対応に
関しての5段階評価)
55段階評価の枠5段階評価の値 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
セキュリティ
(ウォレットやマルチシグ、
会社の信頼などを踏まえた
5段階評価)
55段階評価の枠5段階評価の値 35段階評価の枠5段階評価の値 35段階評価の枠5段階評価の値
取引所 or 販売所 どちらも対応 販売所 販売所
総合評価(5段階評価) 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値 3.55段階評価の枠5段階評価の値
コメント

総合的に敵なしのイメージで、ライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広いユーザーにおすすめの取引所と言えます。

取引価格、対応、セキュリティ、どれをとっても高評価な取引所です。

スマホアプリが充実し、手軽に取引を行えるのが特徴的であり、魅力的な取引所です。

各種手数料が無料な点も魅力的です。

アルトコインのレバレッジ取引が可能な希少価値のある取引所です。

まだできたばかりの取引所なので、今後にも注目です。

サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
クリプ
仮想通貨WEBライター。元ネットワークエンジニア。 2018年7月に某IT企業を退職して独立、フリーライターに。 仮想通貨、ブロックチェーン関係の記事を幅広く執筆。 好きな仮想通貨はイーサリアム。最近はdAppsにハマっている。 仮想通貨歴: 2017年4月~ 1BTC=13万円の時に初めてビットコインを買うも、0.5BTCしか買わなかったため後に激しく後悔することとなる。