ビットコインキャッシュ(BHC)はビットコイン(BTC)の変わりになるのか!?検証してみた

ビットコインキャッシュ(BHC)はビットコイン(BTC)の変わりになるのか!?検証してみた
Pocket
LINEで送る

ビットコインキャッシュはビットコインでお馴染みのハードフォークで生まれた仮想通貨です。
一般的にビットコインと比較されることの多いビットコインキャッシュですが、ここではビットコインとの違いや、BCHの基本情報、特徴などを解説致します。

ビットコインキャッシュ基本情報

・通貨名 ビットコインキャッシュ(BHC・BCC)
・通貨単位 BHC / BCC
・公開日 2017年8月1日
・プラットフォーム
・タイプ アルトコイン
・売買可能な取引所 国内(BitFlyer Coincheck Zaif 他) 海外(Binance Bittrex Poloniex Okex HitBTC 他)
・公式サイト BitcoinCash(https://www.bitcoincash.org/
・ツイッター @BITCOINCASH(https://twitter.com/BITCOlNCASH
・テレグラム 対応(https://t.me/bitcoincashfork
・スラック 公式(https://get.slack.help/hc/ja

 

ハードフォークとは

ビットコインキャッシュを調べると必ず出てくるのが、ビットコインの「ハードフォークでできた通貨」と必ず出てきます。このハードフォークとは該当仮想通貨のルールを変える際に旧ルールを無視し、新ルールを新たに適用することで旧ルールの互換性が無くなる事を言います。

簡単に言えば、ビットコインのアップデートの際に、ビットコインのブロックチェーンから、異なるブロックチェーンが派生し、それが新たなコインを生むアップデートとなって、ビットコインが誕生したというわけです。

取扱取引所増加

ビットコインキャッシュを取り扱う取引所は増加しており、国内外合わせて200近く存在します。
国内の有名どころである「ビットフライヤー」「コインチェック」「Zaif」を初めとし、海外の有名どころであれば「バイナンス」「Bittrex」「Poloniex」などでも取引が可能です。

誕生したばかりでありながらのこの増加傾向は、後術にありますが、ビットコインキャッシュのスペックや、今後の期待度が影響していると思われます。

今後ビットコインに変わるコインになるのか

ここで一番気になるのが、ビットコインキャッシュは今後「ビットコインに変わるコインになるのか?」という点です。結論から言って少し難しいですが、可能性は大いにあります。

ビットコインに限らず仮想通貨は実験的な面がまだまだ強く、ビットコインに限らず今後の展開は読みにくいです。ビットコインキャッシュに限って言えば、後術にもありますがそのスペックの高さや、ビットコインにあった課題へのアプローチなどを考えると、ビットコインキャッシュの伸びしろには大きな可能性を感じます。

有識者やビットコインキャッシュについてのニュース

ここでビットコインキャッシュに関する気になるニュースをご紹介します。

Amazon決済サービスPurse:6月にビットコインキャッシュのサポート開始|Amazonで数十%の割引購入

Purseとはアマゾンギフトカードを換金したい人と、アマゾンの商品を買いたい人とをマッチングさせるサービスであり、これまでAmazonでビットコイン決算を行うと、10~30%が割引されるサービスでしたが、Purseプラットフォーム上の決済手段としてビットコインキャッシュが追加されます。

これまではビットコインのみが対応でしたが、新たにビットコインキャッシュが追加されたことによって、より多くのユーザーが仮想通貨でAmazonを利用できるようになります。

これによってビットコインキャッシュの市場における活性化と、実用性のアピールによって、ビットコインキャッシュの認知度がさらに向上しそうです。
(引用:COINPOST http://coinpost.jp/?p=27654&from=category)

ビットコインキャッシュ(BCH)が真のビットコインだ

こちらはビットコインの情報発信メディアとして最大級を誇る、「Bitcoin.com」のCEOを務めるロジャーバー氏が2017年11月19日に発言したコメントです。

ビットコインの送金面に関する課題を、ビットコインキャッシュであれは、そのスペックを生かして解消できることから、将来の実用性を踏まえた上での発言であると思われます。

(引用:CRIPTY  https://cripty.jp/bitcoincash/)

アフリカ進出などの情報

ビットコインキャッシュの長期的な展望として、アフリカ市場への進出が挙げられており、コインテキストと呼ばれる、電話回線のみでビットコインを送金できるサービスが、2018年3月に立ち上がりました。

現在アフリカではネットワークのインフラが整っていませんが、携帯電話は普及しています。従って電話回線だけで送金できるコインテキストは、アフリカでの需要が高まると予想され、アフリカ進出の足掛かり的なサービスになると予想されます。

ビットコインと分裂した理由

ビットコインキャッシュは、ビットコインと分裂したことによって誕生した仮想通貨であると、一般的には認知されていますが、なぜ分裂したのか、分裂した理由を見ていきます。

意見の対立から誕生

前述にもありましたが、ビットコインにはユーザー増加によって、取引承認の遅延、遅延による手数料の高騰といった課題を抱えていました。それら課題の改善策を巡って、ビットコイン開発者や、マイナー集団による意見の対立が長期化した背景があります。

その課題の改善策として、Segwitの導入や、ブロックサイズの拡大など、様々な案が提案され、最終的に大手マイナー集団によって、ブロックサイズを8MBに拡大したビットコインキャッシュが誕生することとなりました。

つまり、ビットコインにあった課題を改善するために誕生したのが、ビットコインキャッシュと言うわけです。

ビットコインとの違い

ビットコインとの最大の違いは、ビットコインキャッシュのスペックの高さにあります。ビットコインのブロックサイズが1MBに対して、ビットコインキャッシュは8MBと容量がはるかに大きいです。

これはビットコインで課題であった処理スピードによっておこる「送金詰まり」に対してのアプローチとも言え、これによってビットコインで課題であった送金詰まりが解消され、ビットコインキャッシュはビットコインよりも早く送金ができ、そこがビットコインとの大きな違いと言えます。

購入方法

ビットコインキャッシュの購入方法は、ビットコインやアルトコインと同じで、ビットコインキャッシュを取り扱っている、仮想通貨取引所で口座を解説すれば、購入できます。

国内なら、ビットフライヤー、ビットバンク、ZaifGMOコインなどがそうです。

まとめ

ここまでビットコインキャッシュの基本情報から、特徴、誕生の経緯などをご紹介しました。印象としてはあらゆる面で今後に期待できる仮想通貨であり、ビットコインに対抗できる仮想通貨であると言えます。

大手マイナー集団による開発なので、すぐには難しいですが、今後の展開次第では十分にその可能性を秘めた仮想通貨です。ビットコインキャッシュを取り巻く環境は日々変化することが予想されますので、今後の展開に注目です。

仮想通貨取引所を比較

順位 BEST1の画像1位 BEST2の画像2位 BEST1の画像3位
仮想通貨取引所 bitflyer GMOコイン DMMビットコイン
取扱銘柄一覧 ビットコイン(Bitcoin) ビットコイン(BTC) ビットコイン/Bitcoin(BTC)
イーサリアム(ethereum) イーサリアム(ETH) イーサリアム/Ethereum(ETH)
イーサリアムクラシック(ethereum classic) ライトコイン(LTC) ネム/NEM(XEM)
ライトコイン(Litecoin) ビットコインキャッシュ(BCH) リップル/Ripple(XRP)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash) リップル/Ripple(XRP) イーサクラシック/Ethereum Classic(ETC)
モナーコイン(Monacoin) ライトコイン/Litecoin(LTC)
LISK(LSK) ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash(BTH)
各手数料
取引所手数料 0.01%~0.15%
販売所手数料 スプレッド スプレッド スプレッド
日本円出金手数料 216~756円 無料 無料
ビットコイン
出金手数料
0.0004BTC~ 無料 0.0008BTC~
購入価格
最低取引単価 0.00000001BTC 0.0001BTC 0.001BTC
最小取引価格 1円以下 100円 1000円
使いやすさ(5段階評価)
購入に関して 55段階評価の枠5段階評価の値 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
取引に関して 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
評価に関しての概要

bitflyerはバランス型の取引所として定評があり、取引量の多さが特徴的でもあります。

初心者の人でもバランスよくトレードができる取引所としても評価されています。

サーバーの安定度とスマホアプリの使いやすさも、高評価の要因となっています。

スマホで手軽に取引可能な取引所として、現在注目されている取引所です。

また実際にアプリも使いやすく、それらが高い評価に繋がっていると考えられます。

最大の特徴はアルトコインのレバレッジ取引ができる点です。

このような取引所は世界でもほとんどないため、今後の展開が注目されている取引所です。

対応について
(アプリやWEB対応に
関しての5段階評価)
55段階評価の枠5段階評価の値 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
セキュリティ
(ウォレットやマルチシグ、
会社の信頼などを踏まえた
5段階評価)
55段階評価の枠5段階評価の値 35段階評価の枠5段階評価の値 35段階評価の枠5段階評価の値
取引所 or 販売所 どちらも対応 販売所 販売所
総合評価(5段階評価) 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値 3.55段階評価の枠5段階評価の値
コメント

総合的に敵なしのイメージで、ライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広いユーザーにおすすめの取引所と言えます。

取引価格、対応、セキュリティ、どれをとっても高評価な取引所です。

スマホアプリが充実し、手軽に取引を行えるのが特徴的であり、魅力的な取引所です。

各種手数料が無料な点も魅力的です。

アルトコインのレバレッジ取引が可能な希少価値のある取引所です。

まだできたばかりの取引所なので、今後にも注目です。

サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
 
Pocket
LINEで送る