仮想通貨の今後ってどうなるの!?

仮想通貨の今後ってどうなるの!?
Pocket
LINEで送る

日に日に大盛り上がりを見せる仮想通貨市場ですが、今後どのような推移をたどるのでしょうか?

ウントゴックス社の破綻やコインチェックの流出事件で、仮想通貨に否定的な意見もあると思いますが、現実として市場はどんどん拡大しています。

法整備も順調に進んでおり、取引だけでなくショッピング利用できるほどインフラも整ってきています。 そこで、今後大注目の仮想通貨市場に焦点を当てて、様々なデータを交えて考察していきます。

1.主要通貨一日あたりの取引量推移

ビットコイン(BTC)に注目してみると、平成26年3月31日時点と平成30年3月31日時点での1日の取引量を比較すると、4年で約167倍まで増大しています。

その他のコインも同様の期間で比べてみると、

    イーサリアム(ETH):約83倍の増大
    リップル(XRP):約1036倍の増大
    ライトコイン(LTC):約42倍の増大

このデータを見るとここ4年間で急速に仮想通貨市場が成長し、活発な取引が行われていることがわかります。 仮想通貨時価総額ランキングのトップ5であるこの5つの通貨がここまでの伸びを見せています。

特にXRPに関してはとてつもない伸びを見せています。
BTCやETHの取引量が多くなってくるとどうしてもスケーラビリティ問題が発生します。
XRPは国際送金に特化したコインであるので、BTCやETHの代わりとして平成28〜29年の間に台頭してきました。

また、主要5通貨のうちビットコインが約67%を占めています。

2.主要通貨の時価総額推移①

流通している仮想通貨全体の時価総額は、27兆4,339億円(平成30年3月31日時点)です。

日本のGDPが500兆円であることと比べると、まだまだ成長の余地があると考えられます。

平成29年4月までビットコインが仮想通貨市場を占める割合が80%以上でしたが、スケーラビリティ問題やアルトコインの台頭から占有率は下降し、平成30年3月31日時点では45.2%となっています。

ビットコインの占有率が落ちるとともにイーサリアムが伸びてきました。

というのも、ICOに参加するにはイーサリアムが必要とされることがほとんどでした。

こうした背景からイーサリアムの需要が高まったと考えられます。

3.主要通貨の時価総額推移②

平成29年11月頃から仮想通貨市場がどんどんと上がり続け、ビットコインで言えば最大35兆円程度まで拡大しました。平成30年2月頃からどのコインも徐々に下落しています。

4.取引に使用される法定通貨・仮想通貨のシェア

ビットコインに着目してみると、57.71%がJPYで取引されていることから日本の投資家がビットコイン全体の取引量の約6割を占めていることがわかります。

世界でも使用されている国が多いUSDとEURが比較的高い占有率であるのは当然ですが、KRW(韓国)が多く名を連ねているとこから日本と同様に仮想通貨が活発に取引されています。

5.仮想通貨取引量

現物取引と証拠金・信用・先物取引について仮想通貨取引量を比較していきます。

平成26年度では現物取引が12倍の差をつけています。
平成27年度も、どちらも取引量が大幅に増えてはいますが、現物取引の方が取引量が多いとわかります。

平成28年度には取引量がほぼ互角となり、平成29年度には証拠金・信用・先物取引が約4.5倍上回りま

6.年代層別顧客数分布

取引の中心層は20代から40代までで、全体の約90%を占めています。

30代・40代はインターネットができてから積極的に活用してきた世代であり、取引量が多くなっています。

ここで目を引くのはやはり20代の多さで、約29%も国内取引量を占めています。仮想通貨に関心があり、可能性を見出しているからこそここまで取引量が多くなっています。

7.預かり資産額(仮想通貨を含む)の分布

約95%が100万円未満の預かりであり、そのうち約77%が10万円未満の預かりであることがわかります。

仮想通貨に関してはいわゆる「小口投資家」が大多数を占めています。新規参入者が増えるほど市場が拡大することは平成29年11月から平成30年1月の暴騰を見れば明らかです。

これから仮想通貨市場が成長して、10万円未満の預かりの人たちが一気に押し上げられる可能性も考えられます。

8.顧客の出入金状況

平成29年11月〜12月にかけて入金額が約14倍も増大しています。テレビCMやネット広告、ニュースや口コミなどによって一気に仮想通貨の認知度が上がり、新規参入者が増えたことが大きな要因だと考えられます。

一方、平成30年1月26日にコインチェックで580億円分の流出事件以降、不安に駆られた投資家が一気に出金申請をし始め、入金額を出金額が上回っています。その影響でどの仮想通貨も下落している状況です。

まとめ

    ・日本人の取引量が多く関心が高い
    ・投機的な面で投資している人が多い
    ・ボラティリティーが大きい

これだけ注目されていますがまだまだ仮想通貨市場は発展途上中であるので、非常にボラティリティーが大きいですが、逆に考えると、しっかりとした情報を掴んで投資できていれば確実に利益が出せます。

過去のデータからどういったタイミングの時に上がるのか、どんなニュースでみんなは不安になって損切りするのか、大衆心理を読んでいくと仮想通貨投資はもっと魅力的なものになります。

日本の取引所を簡単比較。お得な取引所はこちらになります。

順位 BEST1の画像1位 BEST2の画像2位 BEST1の画像3位
仮想通貨取引所 bitflyer GMOコイン DMMビットコイン
取扱銘柄一覧 ビットコイン(Bitcoin) ビットコイン(BTC) ビットコイン/Bitcoin(BTC)
イーサリアム(ethereum) イーサリアム(ETH) イーサリアム/Ethereum(ETH)
イーサリアムクラシック(ethereum classic) ライトコイン(LTC) ネム/NEM(XEM)
ライトコイン(Litecoin) ビットコインキャッシュ(BCH) リップル/Ripple(XRP)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash) リップル/Ripple(XRP) イーサクラシック/Ethereum Classic(ETC)
モナーコイン(Monacoin) ライトコイン/Litecoin(LTC)
LISK(LSK) ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash(BTH)
各手数料
取引所手数料 0.01%~0.15%
販売所手数料 スプレッド スプレッド スプレッド
日本円出金手数料 216~756円 無料 無料
ビットコイン
出金手数料
0.0004BTC~ 無料 0.0008BTC~
購入価格
最低取引単価 0.00000001BTC 0.0001BTC 0.001BTC
最小取引価格 1円以下 100円 1000円
使いやすさ(5段階評価)
購入に関して 55段階評価の枠5段階評価の値 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
取引に関して 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
評価に関しての概要

bitflyerはバランス型の取引所として定評があり、取引量の多さが特徴的でもあります。

初心者の人でもバランスよくトレードができる取引所としても評価されています。

サーバーの安定度とスマホアプリの使いやすさも、高評価の要因となっています。

スマホで手軽に取引可能な取引所として、現在注目されている取引所です。

また実際にアプリも使いやすく、それらが高い評価に繋がっていると考えられます。

最大の特徴はアルトコインのレバレッジ取引ができる点です。

このような取引所は世界でもほとんどないため、今後の展開が注目されている取引所です。

対応について
(アプリやWEB対応に
関しての5段階評価)
55段階評価の枠5段階評価の値 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
セキュリティ
(ウォレットやマルチシグ、
会社の信頼などを踏まえた
5段階評価)
55段階評価の枠5段階評価の値 35段階評価の枠5段階評価の値 35段階評価の枠5段階評価の値
取引所 or 販売所 どちらも対応 販売所 販売所
総合評価(5段階評価) 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値 3.55段階評価の枠5段階評価の値
コメント

総合的に敵なしのイメージで、ライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広いユーザーにおすすめの取引所と言えます。

取引価格、対応、セキュリティ、どれをとっても高評価な取引所です。

スマホアプリが充実し、手軽に取引を行えるのが特徴的であり、魅力的な取引所です。

各種手数料が無料な点も魅力的です。

アルトコインのレバレッジ取引が可能な希少価値のある取引所です。

まだできたばかりの取引所なので、今後にも注目です。

サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
クリプ
仮想通貨WEBライター。元ネットワークエンジニア。 2018年7月に某IT企業を退職して独立、フリーライターに。 仮想通貨、ブロックチェーン関係の記事を幅広く執筆。 好きな仮想通貨はイーサリアム。最近はdAppsにハマっている。 仮想通貨歴: 2017年4月~ 1BTC=13万円の時に初めてビットコインを買うも、0.5BTCしか買わなかったため後に激しく後悔することとなる。