ビットコインプライベート(BTCP)がBTCとZclassicからハードフォークする!!

 

今回はビットコインプライベート(BTCP)というハードフォークコインについてサクッとまとめました。

ビットコインプライベート(BTCP)はBTCとZclassicの二つの仮想通貨からハードフォークするという少し珍しい形をとります。

ハードフォークは2月28日、その二日後にメインネットのローンチを予定しているようです。

 

ビットコインプライベートは主に以下のような特徴を持っています。

 

・Zclassicと同様にzk-snarksという送金の匿名化技術を採用

・送金時間短縮のためのブロックサイズの増加をサポート

・プレマインや開発者報酬がない

 

⇒BitcoinPrivate(BTCP)の公式ページはこちら

⇒BitcoinPrivate(BTCP)の公式twitterはこちら

 

 

またビットコインプライベートは、ビットコインとZclasiccを保有している人の両方にそれぞれ一対一の割合で付与される予定であるとのことです。

ビットコインプライベートを取り扱う取引所については、まだ未定のようですが、Binanceと交渉中であるかのようにtwitterでは匂わせていますね。

 

 

BTCはどの取引所でも購入することができますが、ZclassicはCoinExchangeCryptpia、などの海外の取引所でしか購入することができません。

 

ただ海外の取引所は日本円での入金に対応していないので、日本の取引所でBTCやETHを購入してデポジットアドレスに送金し、それらの通貨を使用して取引をする必要があります。

日本の取引所でビットコインを購入するなら売買手数料が無料なBITPOINT(ビットポイント)bitbank(ビットバンク)などの取引所がお勧めです。

 

BITPOINTは、現在新規登録と入金するだけで3000円分のBTCがもらえるキャンペーン中でもあります。(2018年2月中の登録まで有効)もらえるものは貰っておきましょう。

 

[BITPOINT(ビットポイント)のアカウントを開設する]

 

 

bitbankは国内でリップルとライトコインの板取引ができる数少ない取引所でもあります。

 

[bitbank(ビットバンク)のアカウントを開設する]

 

 

また、ETHを国内で購入するならZaif(ザイフ)が板形式での取引なのでお勧めです。

 

[Zaif(ザイフ)のアカウントを開設する]

 

 

 

 

【仮想通貨】Quantum Resistance Ledger(QRL)の他の量子耐性コインとの違い

 

今回はQuantum Resistance Ledger(QRL)という仮想通貨についてです。

 

目次

  1. Quantum Resistance Ledger(QRL)とは
  2. なぜQuantum Resistance Ledger(QRL)でなければいけないのか
  3. Quantum Resistance Ledger(QRL)の他の量子耐性コインとの違い
  4. Quantum Resistance Ledger(QRL)が購入できる取引所

 

Quantum Resistance Ledger(QRL)とは

 

Quantum Resistance Ledger(QRL)は、その名の通り将来来る量子コンピューターの発展によって脅かされる暗号通貨のセキュリティー対策、つまり量子耐性を実装することを計画している暗号通貨です。下にその他の簡単な特徴をまとめました。

・通貨の最大発行枚数は6500万枚

・PoW(2018年第三期にPoSへ移行予定)

・XMSSという署名方式を採用

またこれは公式が発表しているQuantum Resistance Ledger(QRL)について説明性している動画です。

⇒Quantum Resistance Ledger(QRL)の公式ページはこちら

⇒Quantum Resistance Ledger(QRL)の日本語版ホワイトペーパーはこちら

⇒Quantum Resistance Ledger(QRL)の公式twitterはこちら

 

なぜQuantum Resistance Ledger(QRL)でなければいけないのか

QRLの公式サイトのFAQsには、「そもそもなぜQuantum Resistance Ledger(QRL)でなければならないのか?ビットコインなどの既存の暗号通貨に量子耐性機能を実装するのではだめなのか?」という質問に対する回答が記載されています。

通常のECDSAアドレスから量子耐性アドレスに移行するためには 、一定の期間ブロックチェーンネットワークの活動を止める規模のソフトフォークをしなければならないようです。

また、量子耐性アドレスへの移行のためには、暗号通貨のコードの他の部分も多く変更しなければならない部分が出て来るということで、最初から量子耐性機能を実装する計画のもとに設計された暗号通貨の方に大きなアドバンテージがあるということのようです。

 

Quantum Resistance Ledger(QRL)の他の量子耐性コインとの違い

Quantum Resistance Ledger(QRL)以外にもADAコインやNEO、SHIELDなど量子耐性の実装が計画されている暗号通貨はいくつか存在します。

ただ、これらの暗号通貨全てが同じアプローチで量子コンピューターへの耐性を実装しようとしているわけではありません。使用している署名方式や暗号技術などはそれぞれ違うのです。

Quantum Resistance Ledger(QRL)は、耐量子コンピューター暗号のひとつである格子ベースの公開鍵暗号技術「new hope」を採用しています。

new hopeなどの格子暗号技術については、日本語版ホワイトペーパーの方にも記載があるのですが、なにぶん専門的過ぎて難しいです。

格子暗号技術については以下の記事で分かりやすく説明されているので技術的なことについて詳しく知りたい方はぜひ参照してみてください。

⇒格子暗号の実用化に向けて-NICT NEWS

 

Quantum Resistance Ledger(QRL)が購入できる取引所

QRLは、BittrexやCoinexchangeなどの海外の取引所で購入することができます。

ただ海外の取引所は日本円での入金に対応していないので、日本の取引所でBTCやETHを購入してデポジットアドレスに送金し、それらの通貨を使用して取引をする必要があります。

日本の取引所でビットコインを購入するなら売買手数料が無料なBITPOINT(ビットポイント)bitbank(ビットバンク)などの取引所がお勧めです。

 

BITPOINTは、現在新規登録と入金をするだけで3000円分BTCがもらえるキャンペーン中でもあります。(2018年2月中の登録まで有効。)

 

[BITPOINT(ビットポイント)のアカウントを開設する]

 

 

[bitbank(ビットバンク)のアカウントを開設する]

 

また、ETHを国内で購入するならZaif(ザイフ)が板形式での取引なのでお勧めです。

 

[Zaif(ザイフ)のアカウントを開設する]

 

 

目次に戻る

 

 

「金価格は今の6倍になる 今すぐ金を買いなさい」を読んでの感想

 

久しぶりに示唆に富んだ本に出会ったのでご紹介します。

作者は2012年に発売した「通貨戦争」がベストセラーになった経済学者のジェームズ・リカーズ。

著者は本書で今後訪れるであろう既存の通貨制度の崩壊と、経済危機の際のためになぜ金を所有しておくべきなのかということについて幅広い見地から述べています。

タイトルだけ見ると煽り系の経済本のように見えますが、中身は本当にためになる内容ばかり。

金の購入を促している筆者ですが、全資産における割合はあくまでも10%程度にとどめるべきであり、分散投資の重要性を何度も強調しています。

 

以下、本書の内容で特にためになった点を簡単にまとめました。

・現在のドルを基軸とした通貨制度が崩壊した時に、新しい通貨制度のルール作りに参加できるのは多くの金を所有している国になる。

・ロシアや中国は、ドルを利用しなくてもまわっていく経済圏を構築し始めている。

・複雑な経済状況の中でこそ、とにかくシンプルな金を所有しておくことが保険になる。

・金はインフレでもデフレでも大きく価値を落としづらい資産である。

・金の現物の保管を第三者に委ねるなら、銀行ではなく非上場の金保管会社を利用するべき

 

この本自体は非常に素晴らしいものだったのですが、英語タイトルが「The New Case for Gold」なのに日本ではこういった煽りタイトルがついてるというところに、日本の出版業界らしさが垣間見える気がします。

こういうタイトルにしないと日本では売れないんでしょうね、、、