ビットコインダイヤモンド(BCD)価格が爆上げ 仮想通貨

ビットコインダイヤモンド(BCD)価格が爆上げ 仮想通貨
Pocket
LINEで送る

 

2017年の11月にビットコインのハードフォークによって生まれたビットコインダイヤモンド(BCD)の価格がとんでもない高騰を見せています。

 

ビットコインダイヤモンドは一時期は1000%以上の上昇を見せたみたいです。ものすごいですね。

ビットコインダイヤモンド(BCD)価格の上昇の理由

今回のビットコインダイヤモンドの高騰の理由ですが、はっきりとした理由があるかどうかは微妙ですが、どうやらビットコインダイヤモンドのメインネットがローンチしたことが関係しているようですね。

 

 

ビットコインダイヤモンド(BCD)の特徴

ビットコインダイヤモンドはブロックサイズが8MBで最大供給枚数がビットコインの10倍に設定されているという特徴があります。以下は公式ページに記載されているビットコインダイヤモンドとビットコインなどの概要の比較表です。

ビットコインダイヤモンドには特にこれと言って取り上げるようなすごい特徴があるという訳ではないので、個人的には今回のような高騰は過大評価なのでは?と思ってしまうのですが、「金融日記」でお馴染みの藤沢数希氏が過去にtwitterでこんなことを言っていました。

 

 

なるほど。(笑)

ビットコインダイヤモンドが上がっている理由は名前がかっこよくて、見た目の値段が安くて、ホルダーの数が最初からビットコインと同じだからというのはしっくりきますね。

今の仮想通貨市場においては通貨の機能や発行枚数などの面を重視しないという投資家が結構多いというのは事実なのかもしれません。

去年のハードフォークラッシュの時には「またかよ」という感じであまり評判の良くなかったビットコインのハードフォークコインも軒並み上がっていますし、ハードフォークブームに乗っかった人たちというのはみんな儲かったということでしょうね。

これからもハードフォークコインは価格の上昇という面だけで見れば結構期待できるかもしれませんね。

 

2018年5月 最新の動向を追記

●これまでの出来事まとめニュース

 

2017年12月 GitHubでビットコインダイヤモンド(BCD)のウォレットのオープンソースコードが公開

2018年1月 HitBTCに上場

HitBTCはICOコインがいち早く上場する取引所の1つであるためユーザーも多くより流動性が増すと考えられます

2018年2月 C-CEXに上場

C-CEXは草コインを数多く取り扱う取引所でメジャーではないもののここでも取り扱われることで市場での知名度を増すことになります

2018年4月 Indodaxでインドネシアルピア(IDR)とペア対応

インドネシア圏の資金流入がさらに容易になります

●今後の動き-イベント-

公式サイトのロードマップによると2018年第3四半期にメインチェーンのライトニング・ネットワークを完了。ライトニング・ネットワークとはビットコインなどが現状持つスケーラビリティ問題という取引量がマイナーの処理能力を上回ると送金手数料が高くなってしまったり、送金時間が長くなってしまう問題を解決するための取り組みです。

2019年第1四半期にBitcoinDiamondのアプリケーションエコロジーを構築。現状ではハードウェアウォレットTREZOR(トレザー)への対応も含むウォレットの開発が行われています

2020年 ビットコインより優れたものになる

●公式ツイッターでメインネットが安定していると宣伝しています

 ・公式サイトには開発陣の素顔が出ておらず、フォーク当初スキャムではないかと噂されましたが公式テレグラムにはミートアップの様子がアップロードされています

 

●・ツイッターの声

 ・ビットコインダイヤモンドについてまとめられた最新のブログ記事
https://moblock.jp/articles/17598

ビットコインダイヤモンドについてコメント

2017年の冬にあったビットコインハードフォーク祭りの中ハードフォークし誕生したビットコインダイヤモンド(BCD)、これを得るために当時ツイッターなどでもハードフォークに対応する海外取引所BinanceにBTCを送るのが流行りました。

ハードフォーク祭りで生まれた仮想通貨の多くは付与された直後から値下がりし、「いかに素早く売るか」競争のようになっていました。ビットコインダイヤモンド(BCD)もフォーク直後のピーク値から現在は30分の1程度の値になっていますが、ハードフォーク後忘れ去られてしまったフォークコインも多い中で、ビットコインダイヤモンド(BCD)は2018年に入ってもパンプしたり、密かに開発が進んでいるような様子もみられ、今後どうなるか楽しみな通貨の1つであります。

ビットコインダイヤモンド(BCD)が購入できる仮想通貨取引所

ビットコインダイヤモンド(BCD)はBinanceという日本語対応している海外の仮想通貨取引所で購入することができます。

 

ただBinanceのような海外の取引所は日本円で入金することができないので、日本の取引所でBTCやETHを購入して、Binanceのアカウントに入金して取引をする必要があります。

日本の取引所の中ではローラをモデルに起用して知名度のあるDMMビットコインは、各種手数料無料で非常にお得なことと、365日24時間の充実サポート(LINEにも対応)と安心面でもおすすめな取引所です。まだ、取引所を開設していない場合は、DMMビットコインはおすすめです。


 

また、国内の取引所では他にもZaifbitbank(ビットバンク)などがお勧めです。

[Zaif(ザイフ)のアカウントを開設する]

[bitbank(ビットバンク)のアカウントを開設する]

 

目次に戻る

 

 

関連記事:【取引所】BITPoint(ビットポイント)への登録・入金で3000円分のBTCがもらえる!!

 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
シュン
23歳。2017年8月に当ブログを開設。1月の月間PVは14万ほど。 今興味がある分野は暗号通貨、分子栄養学、分子生物学など。