【取引所】LocalBitcoin(ローカルビットコイン)なら、対面取引ができる

【取引所】LocalBitcoin(ローカルビットコイン)なら、対面取引ができる
Pocket
LINEで送る

 

今回はLocalBitcoins(ローカルビットコイン)というビットコイン取引プラットフォームについて調べたことをまとめました。

目次

  1. LocalBitcoins(ローカルビットコイン)とは
  2. LocalBitcoins(ローカルビットコイン)のsegwitへの対応
  3. LocalBitcoins(ローカルビットコイン)のメリット・デメリット

 

LocalBitcoins(ローカルビットコイン)とは

LocalBitcoins(ローカルビットコイン)は、取引所を通さないP2P形式でのビットコイン取引ができるプラットフォームです。

支払い方法は銀行口座送金、Paypal、オンラインマネー、現金など多岐にわたる中から自由に選ぶことができ、プラットフォーム上に提示されている条件の中から自分に合う人を選んで取引をすることができます。

ローカルビットコインが面白いのは取引相手と直接会ってビットコインの売買が可能であるという点です。この辺はメルカリジモティーみたいなコミュニティーサイトとちょっと似ているかもしれませんね。

ローカルビットコインでは以下のようにトップ画面で国や通貨、支払い方法などを選択して、条件にマッチしている取引相手を検索することができます。

またローカルビットコインではユーザーの評価システムが充実しており、過去の取引のデータや取引相手からの評価を参照することができます。

 

LocalBitcoins(ローカルビットコイン)のsegwitへの対応

今年の初めに公式のtwitterからLocalBitcoin(ローカルビットコイン)のウォレットがsegwitに対応したという発表があったようですね。これによって送金スピードが上がった模様です。

 

LocalBitcoins(ローカルビットコイン)のメリット・デメリット

ビットコインの送金詰まりが起きている場合などは対面形式の方が素早く、仲介手数料がかからないためにローコストでの取引が可能であるということなどが挙げられます。東京や大阪などの都心に住んでいる人は人口の絶対数が多い分自分の希望の条件にマッチした相手と巡り合う可能性も高いでしょうしね。

ただ評価制度があるとはいえ、対面での取引を希望する場合には初めて会う人間と仲介人なしでお金の取引をするということで危険な目に遭う可能性がゼロではないというところはデメリットとして挙げられます。

ローカルビットコインではもちろん直接会っての取引以外も可能です。その場合はエスクロー(仮払い)制度を採用しているので、相手にお金を送ったのにビットコインが送られてこないといったような事態を防ぐ仕組みがあります。

既存の取引所を介しての取引に不満があるという方はLocalbitcoins(ローカルビットコイン)を利用してみるといいと思います。

 

目次に戻る

 

 

関連記事:【取引所】KuCoinが熱い!!第二のBinanceとなりそう。

 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
クリプ
仮想通貨WEBライター。元ネットワークエンジニア。 2018年7月に某IT企業を退職して独立、フリーライターに。 仮想通貨、ブロックチェーン関係の記事を幅広く執筆。 好きな仮想通貨はイーサリアム。最近はdAppsにハマっている。 仮想通貨歴: 2017年4月~ 1BTC=13万円の時に初めてビットコインを買うも、0.5BTCしか買わなかったため後に激しく後悔することとなる。