【仮想通貨】Oyster Pearl(PRL)は新たなウェブサイト収益化の方法

【仮想通貨】Oyster Pearl(PRL)は新たなウェブサイト収益化の方法
Pocket
LINEで送る

今回はOyster Pearl(PRL)というプロジェクト・仮想通貨について調べたことをまとめました。

 

Oyster Pearl(PRL)とは

 

Oyster Pearlは、ファイルストレージとウェブサイト収益化に関するソリューションです。

Oyster Pearlは、webサイトの訪問者がファイルを保存する際にCPUもしくはGPUのマシンパワーの一部をファイルの保存作業のために貸出すことにより、サイトのオーナーがPRLをもらえるという仕組みです。

既存のネット広告はユーザーにとって邪魔だしプライバシー面での問題もあるということでOyster Pearlは広告に代替するウェブサイト収益化の方法を提案するというのがコンセプトのようですね。

webサイトのオーナーはサイトのHTMLに以下のコードを貼り付けるだけでサイト訪問者から間接的にPRLを報酬としてもらうことができるみたいです。

<script id=”o.ws” data-payout=“ETH_ADDRESS”
src=“https://oyster.ws/webnode.js”></script>

また、ホワイトペーパーにはサイト訪問者がマシンパワーを提供しないという選択も容易にできるということが書いてあります。

The Oyster Protocol is also very simple for visitors to disable, should they not consent to spend
their computational resources in exchange. In such a case, a blocking flag would be installed at
the HTML5 localstorage area of the disabled Web Node. The visitor’s device would then not
perform any Proof of Work or treasure hunting tasks, but a javascript flag would be enabled on
the Website Owner’s site to mark the abstention. Therefore a Website Owner can opt to easily
block sending out content to anyone who doesn’t consent to work for them to find treasure.

Oyster Pearlは技術的な話が結構多いので、詳しく知りたい方はぜひ公式ページやホワイトペーパーなどを参照されるのがいいと思います。

⇒Oyster Pearlの公式ページはこちら

⇒Oyster Pearlのホワイトペーパーはこちら

⇒Oyster Pearlの公式twitterはこちら

 

Oyster Pearl(PRL)の将来性

 

サイト訪問者のPCの電力を利用して収益化するというと有名なのはCoinhiveですよね。Coinhiveの場合はユーザーのPCでMoneroをマイニングすることで収益化できるということでした。

既存のネット広告の在り方を問題視している人は多いようで、今後もこういったユーザーのPCのマシンパワーを利用して収益化する方法というのはどんどん発展していきそうな気がしています。

ただ問題はOyster Pearlを使って実際にいくらくらい稼げるのかということですよね。

プロブロガーイケダハヤト氏はCoinhiveを実際に自身のサイトに導入してみたらしいのですが、イケハヤ氏ほどのアクセス数が多いサイトでもごくわずかな額しか利益にならないようで、実用化の段階はまだ遠いのかなといった印象でした。

参考記事:読者のCPUパワーを借りて仮想通貨をマイニングする「CoinLab」を導入してみたよ!-まだ仮想通貨持ってないの?

Oyster Pearlで実際にどれくらい稼げるのかは分かりませんが、ファイルを保存する際にだけマシンパワーを貸し出すとなると収益が発生している時間はかなり短そうなので、サイトに滞在している間ずっとマシンパワーを借りるシステムであるCoinhiveよりも稼げなさそうな感じがするんですが、どうなんでしょうか。

またOyster Pearlのような仕組みを悪質なマルウェアだと考えている人も一定数いるので、そういったユーザーの抵抗感を無くしていくことも鍵となってくるでしょう。

個人的にはOyster Pearlみたいなソリューションは面白いので投資していきたいですね。現状では実用的な段階でなくても将来的に大きく化ける分野だと思うので。

 

Oyster(PRL)のこれまでの出来事まとめ

 
2018年3月  Oyster(PRL)のバーン  1,000万PRLをバーンすることを発表

2018年3月  Next.Exchangеに上場   Next.Exchangеとは最近オランダで設立された2018年来ると言われている分散型仮想通貨取引所です

2018年4月  エアドロップ   ブロック数5436000で行われ、2018年4月13日、午後12時頃に推定

 

Oyster(PRL)の今後の動き-イベント-

 

2018年5月  Oyster(PRL)のメインネットが公開  これまで延期されていたものが公開予定

2018年12月  ウェブノードメッシュネットが成熟した後、分散型JavaScriptアプリケーションをOysterネットワーク上に簡単にプログラミングして実行できるようにする

 ・公式ツイッターでメインネットのアップデートの報告がされています

 ・ツイッターの声

Oyster(PRL)がまとめられた比較的最近のブログ記事

https://investment.for-one.jp/prl-airdrop/

 

Oyster(PRL)に対するコメント

 

現状のインターネットコンテンツ、例えばYoutube、Twitter、Facebook、様々なブログほとんどのものが無料で見ることが出来ますが、多くは広告をコンテンツ内に入れ込み広告宣伝費をもらい運営がなされいます。

実はこのシステム、アドブロックという広告をブロックする機能をもつ仕組みの普及により脅かされています。もし広告主がこれらのコンテンツに有効な広告効果を認めず宣伝費を払わなくなれば、今私達が無料で得ているコンテンツの多くが失われてしまう可能性があるのです。

このオイスター(PRL)の目指すところは今あるインターネットビジネスに新たなシステムを構築するところにあります。広告に依存しないコンテンツビジネスのシステム作りは非常に需要が高いと思われます。

 

Oyster Pearl(PRL)が購入できる取引所

 

PRLはKucoinやCryptpiaなどの海外の取引所で購入することができます。

 

ただ、海外の取引所は日本円での入金に対応していないので、日本の取引所でBTCやETHを購入してKucoinのアドレスに送金し、それでREQを購入する必要があります。

 

日本の取引所の中ではローラをモデルに起用して知名度のあるDMMビットコインは、各種手数料無料で非常にお得なことと、365日24時間の充実サポート(LINEにも対応)と安心面でもおすすめな取引所です。まだ、取引所を開設していない場合は、DMMビットコインはおすすめです。


 

また、国内の取引所では他にもZaifbitbank(ビットバンク)などがお勧めです。

[Zaif(ザイフ)のアカウントを開設する]

[bitbank(ビットバンク)のアカウントを開設する]

 

目次に戻る

 

 

関連記事:【仮想通貨】Omise Go(OMG)を使ってお店へGO!!

 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
シュン
23歳。2017年8月に当ブログを開設。1月の月間PVは14万ほど。 今興味がある分野は暗号通貨、分子栄養学、分子生物学など。