【仮想通貨】Flixxo(FLIXX)は人気動画クリエイターを引っ張ってこれるのか

【仮想通貨】Flixxo(FLIXX)は人気動画クリエイターを引っ張ってこれるのか
Pocket
LINEで送る

 

今回はFlixxo(FLIXX)というプロジェクト・仮想通貨について調べたことをまとめました。

 

目次

  1. Flixxo(FLIXX)とは
  2. Flixxo(FLIXX)の将来性
  3. Flixxo(FLIXX)が購入できる取引所

 

Flixxo(FLIXX)とは

Flixxoは、仲介者の存在を必要とせずに、コンテンツクリエイターと視聴者、広告主がダイレクトに繋がれる動画プラットフォームを作るためのプロジェクトです。

現状高いクオリティーの動画作品を見るためにはAmazonプライム・ビデオやNetflixなどのプラットフォーマーと契約をしなければならず、仲介手数料が中抜きされています。Flixxoが目指すのはそういった中抜きなしに動画クリエイターとダイレクトに繋がれるという仕組みのようですね。

Flixxoの独自トークンであるFLIXXは、視聴者がコンテンツを見る際に動画クリエイターに支払ったり、広告主が視聴者にダイレクトに支払ったりするという形でプラットフォーム内で使用されることを想定しているようです。

⇒Flixxoの公式ページはこちら

 

Flixxo(FLIXX)の将来性

Flixxoは、今のところそこまで大きく普及できるサービスだとは思えないんですよね。

というのも、Amazonプライム・ビデオやNetflixと契約して動画を配信するということは、まとまったライセンス料を確実に貰うことができるというメリットがあるんですよね。

巨大プラットフォーマーが払ってくれるライセンス料はそれなりのものでしょうし、お金を稼ぐという目的のためならFlixxoよりも既存のプラットフォームの方がいいと考えるクリエイターは多いと思います。

また、Flixxoは動画プラットフォームである以上youtubeやFacebookなどの無料動画サービスも競合となります。特にyoutuberなんかはyoutubeのプラットフォーム上で既に多くのファンを獲得している人達なわけで、Flixxoにプラットフォームを移す動機がそこまであるようには思えないんですよね。

それでも例えば、人気youtuberとかがFlixxoを使うようになるなどすればプラットフォームが活気づいてくるとは思います。

動画プラットフォームが普及するためにはかなり時間がかかるので、今の時点で評価するのは早すぎるかもしれませんが、Flixxo(FLIXX)に対しては僕は個人的には長期的な成長を期待した投資はできないかな、という感じです。

短期的な投機なら全然ありだと思いますけどね。

 

Flixxo(FLIXX)が購入できる取引所

FLIXXはKucoinという海外の取引所で購入することができます。

 

ただKucoinのような海外の取引所は日本円での入金に対応していないので、日本の取引所でBTCやETHを購入してKucoinのアドレスに送金し、それでFLIXXを購入する必要があります。

日本の取引所の中では送受金手数料と取引手数料が一部無料という非常にお得なBITPOINT(ビットポイント)という日本の取引所でビットコインを購入するのもお勧めです。

 

[BITPOINT(ビットポイント)のアカウントを開設する]

 

 

また、ETHを国内で購入するならZaif(ザイフ)が板形式での取引なのでお勧めです。

 

[Zaif(ザイフ)のアカウントを開設する]

 

 

目次に戻る

 

 

 

関連記事:【仮想通貨】Po.et(POE)はデジタルアセットのクリエイターを守る

 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
シュン
23歳。2017年8月に当ブログを開設。1月の月間PVは14万ほど。 今興味がある分野は暗号通貨、分子栄養学、分子生物学など。