【仮想通貨】CanYa(CAN)はICOプロジェクトの中ではまともっぽい

【仮想通貨】CanYa(CAN)はICOプロジェクトの中ではまともっぽい
Pocket
LINEで送る

今回はCanYa(CAN)というプロジェクト・仮想通貨について調べたことをまとめました。

 

目次

  1. CanYa(CAN)とは
  2. CanYa(CAN)の将来性
  3. CanYa(CAN)が購入できる取引所

 

CanYa(CAN)とは

CanYaはブロックチェーン技術とスマートコントラクトを利用したP2Pでスキルやサービスの購入が可能なプラットフォームです。

CanYaの支払いシステムはスマートコントラクトによるトラストレスなエスクロー(仮払い)制度を採用しており、BTCやETH、DASHやMoneroなどを始めとした多様な仮想通貨での支払いをサポートしています。

 

CanYaの独自トークンであるCANは、CanYaプラットフォーム内でのサービスへの支払いやアプリのプレミアム版を利用するための支払い、またCanYaプラットフォームに貢献した人物への報酬などをユースケースとして想定しているようです。

またCanYaは既にiOS版Android版のアプリがリリースしています。

⇒CanYaの公式ICOページはこちら

 

CanYa(CAN)の将来性

CanYaは過去にこのブログでも紹介したBounty0xというICOプロジェクトと毛色が近いサービスだと思います。スキルの売買をする系のサービスで起きがちな問題をブロックチェーンやスマートコントラクトで解決するというのは需要もあるので今後も競合がどんどん出てきそうなフィールドだと思います。

かなりありきたりな評価になりますがCanYaは既にプロダクトがローンチしており、結構な人数のユーザーを抱えているという点は良いですよね。

ただCanYaの独自トークンのユースケースの説明を読む限りではCANトークンを発行しなくても別に問題なくプラットフォームのシステムが回っていきそうという感じもしますが、、、まあ、ICOプロジェクトあるあるですね。(笑)

それでも総合的に見るとCanYaは他のICOプロジェクトに比べてかなりまともな方なのではないかと思います。長期的な発展を見込んでの投資もできそうな気がします。

 

CanYa(CAN)が購入できる取引所

CANはKucoinという海外の取引所で購入することができます。

 

ただKucoinのような海外の取引所は日本円での入金に対応していないので、日本の取引所でBTCやETHを購入してKucoinのアドレスに送金し、それでCANを購入する必要があります。

日本の取引所の中では送受金手数料と取引手数料が一部無料という非常にお得なBITPOINT(ビットポイント)という日本の取引所でビットコインを購入するのもお勧めです。

 

[BITPOINT(ビットポイント)のアカウントを開設する]

 

 

また、ETHを国内で購入するならZaif(ザイフ)が板形式での取引なのでお勧めです。

 

[Zaif(ザイフ)のアカウントを開設する]

 

目次に戻る

 

 

関連記事:【仮想通貨】AdEX(ADX)はネット広告の問題解決を目指す

 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
シュン
23歳。2017年8月に当ブログを開設。1月の月間PVは14万ほど。 今興味がある分野は暗号通貨、分子栄養学、分子生物学など。