【仮想通貨】Aeron(ARN)は空の安全性を高めるプロジェクト

【仮想通貨】Aeron(ARN)は空の安全性を高めるプロジェクト
Pocket
LINEで送る

 

今回はAeron(ARN)というプロジェクト・仮想通貨について調べたことをまとめました。

 

Aeron(ARN)とは

Aeronは空の旅の安全性を高めるソリューションです。

Aeronではパイロットと飛行機の利用者、航空会社、航空学校などの間での情報の非対称性を無くすために、パイロットの飛行機操縦に関する記録のログなどをブロックチェーン上に記録することで重要なデータの改ざんを不可能にし、航空のセキュリティーを高めていくことを目標にしています。

Aeronのホワイトペーパーには、以下のような用途にARNトークンを使用する予定であるということが記載されています。

1.Subscription fee / Transaction based fee for log entries
2.Commission on paid services (in fiat or ARN tokens)
3.Commission on intermediation and client introductions
4.Currency (mean of payment) for buying aviation services
5.Unlock access to flight schools, offers from pilots and aviation companies

どうやらAeronプラットフォームに参加してくれる企業や団体にARN建てでお金を支払ったり、Aeronプラットフォーム内やその他関連アプリケーション内の有料サービスの際にARNで支払うことができるというのがARNトークンの主なユースケースとなるようですね。

またロードマップによると2018年の6月にはフライトトレーニングやフライトツアーなどの手配ができるAeroTripsというサイト内でARNトークンが使えるようになるようです。こちらのサイトはAeronの開発チームが作っている関連サイトのようです。

Aeronのプロジェクトの詳細に関しては公式ページが日本語に対応しているので、プロジェクトの詳細についてはそちらを参照してください。こういう系のサイトでは珍しく日本語があんまり不自然じゃなくて読みやすいです。

⇒Aeronの公式ページはこちら

 

Aeron(ARN)の将来性

「航空×ブロックチェーンって珍しいのかな」と思って調べてみたら似たようなプロジェクトは意外とたくさんあるようです。

SITA(国際航空情報通信機構)ラボによる「Flight Chain」プロジェクトなど以外にも、各国の航空会社がブロックチェーン技術を応用して業務の効率化や情報の透明性の向上などに努めているという現状があります。

参考記事:SITA partners with airlines and airports to explore Blockchain-tnooz

航空産業の中と外で情報が共有されておらず、またセキュリティーに関する情報に容易にアクセスできないという問題を抱えているというのは割とどこの国でも共通の問題のようですね。

Aeronはロードマップが壮大で現時点ではプラットフォームがまだまだ未完成なところはあり、将来どうなるかという保証はありません。

Aeronのように航空×ブロックチェーン系の取り組みをしているところは結構ありますが、航空学校の生徒まで対象にしたサービスを検討しているプロジェクトは今のところあまりないようなので、そういった点ではAeronのプラットフォームのユニークネスはあるのかなと思います。

 

Aeron(ARN)のこれまでの出来事まとめ

2018年3月 KuCoinに上場

KuCoinとは海外取引所で、ここで上場された通貨は次に世界最大の取引高のBinanceに上場する可能性が高いと言われていました

2018年3月 公式アプリの立ち上げ

Pilot(パイロット)と企業アプリケーションの公開が開始されました。

2018年4月 ブロックチェーンの統合

Aerotrips.comウェブサイトブロックチェーンの統合

Aeron(ARN)の今後の動き-イベント-

公式ウェブサイトのロードマップによると

2018年6月  トークンの支払い aerotrips.com サービス

2018年8月  分散化と暗号化されたストレージへのデータベースの移動

2018年9月  航空局ポータル開発

2018年11月 アーロンAPI一般公開

2018年12月 ATCデータ自動処理の開発のためのデータ・ハブ

2018年1月  アーロンSalesforceと連携

ツイッター上での反応

Aeron(ARN)に対するコメント

Aeron(ARN)は複数の大手の取引所に上場しており、バーンやエアドロップのたびに価格を上げており市場の認知度も高いです。中身を見ても着実に開発を進めているようです。

航空業界は常に最新技術が取り入れられており既にコンピュータ制御による自動航行が実際に行われています。業界的にブロックチェーンや新技術と親和性が高く、既に大手の協賛企業の名が上がっている点などを見ると今後の実需も高まっていくように思います。

Aeron(ARN)が購入できる取引所

Aeron(ARN)は、海外の取引所であるBinanceで購入することができます。

 

Binanceは使いやすいこともあり、評判も上々の取引所で、世界有数の取引高があるので市場の流動性もあります。

 

ただ海外の取引所は日本円での入金に対応していないので、日本の取引所でBTCやETHを購入してデポジットアドレスに送金し、それでARNを購入する必要があります。

日本の取引所の中ではローラをモデルに起用して知名度のあるDMMビットコインは、各種手数料無料で非常にお得なことと、365日24時間の充実サポート(LINEにも対応)と安心面でもおすすめな取引所です。まだ、取引所を開設していない場合は、DMMビットコインはおすすめです。


 

また、国内の取引所では他にもZaifbitbank(ビットバンク)などがお勧めです。

[Zaif(ザイフ)のアカウントを開設する]

[bitbank(ビットバンク)のアカウントを開設する]

Aeron(ARN)に関するのブログ記事

きれいにまとめられている記事
https://netbisi.com/arn/

コインテレグラフの記事
https://cointelegraph.com/news/startup-aims-to-reduce-air-accidents-by-creating-flight-log-records-on-blockchain
 

目次に戻る

 

 

 

関連記事:[仮想通貨]Dash(DASH)はジンバブエを救うかも

 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
クリプ
仮想通貨WEBライター。元ネットワークエンジニア。 2018年7月に某IT企業を退職して独立、フリーライターに。 仮想通貨、ブロックチェーン関係の記事を幅広く執筆。 好きな仮想通貨はイーサリアム。最近はdAppsにハマっている。 仮想通貨歴: 2017年4月~ 1BTC=13万円の時に初めてビットコインを買うも、0.5BTCしか買わなかったため後に激しく後悔することとなる。