【仮想通貨】DragonChain(DRGN)とディズニーとの関係

【仮想通貨】DragonChain(DRGN)とディズニーとの関係
Pocket
LINEで送る

 

今回はDragonChain(DRGN)というプロジェクト・仮想通貨について調べたことをまとめました。

DragonChain(DRGN)とは

DragonChainとはビジネス用のブロックチェーン開発プラットフォームとエコシステムのことです。

DragonChainはプライベートブロックチェーンでスマートコントラクトの利用が可能なようです。まあ、要するに「イーサリアムみたいに色々とカスタマイズしたブロックチェーンが自由に作れますよ」ということのようですね。

以下はDragonChainの使い方について分かりやすく説明しているyoutube動画です。

 

またDragonChainはJAVA、Python、ノード、C#、Goなどの既存の開発環境を活かして開発することができるシステムになっているようです。

DragonChainの技術的な詳細については以下の記事で非常にわかりやすく説明されているので気になる方は参照してください。

うわさのD(DragonChain)について考察-Medium

 

DragonChain(DRGN)とディズニーとの関係

DragonChain(DRGN)はあのディズニー主導の仮想通貨プロジェクトであるとして発表当初話題になり、Inc.やBusiness Insider、HUFFPOSTなども取り上げていたようです。

⇒Disney-Incubated Dragonchain Is Creating a Magical Blockchain Platform and Ecosystem-Inc.

⇒Disney built a blockchain, and now its creators are trying to turn it into a commercial platform to compete with Ethereum-BUSINESS INSIDER

⇒Disney’s Dragonchain Sends 3 Powerful Messages To Global Brands-HUFFPOST

確かにDragon Chainはシアトルのディズニーのオフィスから始まったプロジェクトのようですが、「ディズニー主導のプロジェクト」と決定するのは少し疑問が残る感じなようです。

なぜかというと、ディズニーがDragon Chainを自社のサービスに実装するということが発表されたわけではないからです。もちろん、DRGNがディズニーランドで使えるようになるなんて言う話でもないわけです。

いまのところDragon Chainとディズニーとのつながりは、シアトルのディズニーオフィスで誕生したというところだけです。しかも現状はDragon Chain Foundationという組織がメインでDragon Chainを運営しているという状況です。

現在Dragon Chainに投資している人の中には、「あのディズニーのプロジェクトだし」と期待している人がかなり多そうですが、「ディズニーのプロジェクト」というのは現状では嘘とホントが半々ということです。

ただ、ディズニーとの今後のコラボが行われる可能性は高いので、決して希望がないわけではありません。そういった発表があったらDRGNトークンのかかくもかなり高騰しそうですね。

この辺は以下のブログ記事でも分かりやすく説明されているので参考にしてみてください。

⇒ディズニーが開発したDragon chainとトークンセール・ICOについて-くりぷと戦記 -主に暗号通貨の話-

⇒COで話題:ディズニーが開発したDragon chainについて、Joe氏(Founder)が答えてくれたよ-くりぷと戦記 -主に暗号通貨の話-

 

DragonChainについては公式ページとホワイトペーパーをしっかり読んでから投資することをお勧めします。

⇒DragonChain公式ページ

⇒DragonChainホワイトペーパー

また、ロードマップによるとDragonChainは2018年にプラットフォームが完成するようなので、年内に大きな動きがありそうです。注目してみてください。

 

DragonChainのこれまでの出来事まとめ

 

2018年1月~ DRGNのホルダー向けにLifeidがプレセール

プレセールは2017年の年末から始まった各国のICO規制の影響で延期になりました

2018年1月 スマートコントラクトとAPIにアップデート

2018年2月  IDEXに上場

IDEXとは2018年に来ると言われている分散型取引所で2017年話題だったハッキングの被害を防げる安全な取引所です

 

DragonChainの今後の動き-イベント-

 

2018年5月末 商用のアドオンアプリケーション(Heroku )の統合と提供

2018年6月  商用のダッシュポットとマーケットプレイス(市場)の始動
ダッシュボードとは例えばスマホの画面に設置できるウィジェットと呼ばれる小さなアプリケーションを表示するための環境のことです

2018年9月  5件の支援をうけるプロジェクトの立ち上げ

 ・公式ツイッターでのプレゼンの様子

 ・アメリカのシアトルでブロックチェーンのイベントに参加するとのことです

 ・ツイッターの声

 

DragonChainをまとめられた比較的最新のブログ記事

 
https://coinotaku.com/?p=4410
 

DragonChainに対してのコメント

 
ウォルト・ディズニー社との関わりで一気に市場での知名度を上げた通貨ですが実際の提携・運用は現時点ではまだないようです。
ただ、開発陣はメディアへの情報公開や露出も頻繁で好感をもてました。プラットフォーム機能をもつコインの中で、複数の開発言語に対応している部分はアドバンテージになっています。イーサリアムのように活用がされ始めれば価格も上がっていくのではないでしょうか

 

DragonChain(DRGN)が購入できる取引所

 
DRGNはKucoinという海外の取引所で購入することができます。

 

ただ海外の取引所は日本円での入金に対応していないので、日本の取引所でBTCやETHを購入してデポジットアドレスに送金し、それらの通貨を使用して取引をする必要があります。

日本の取引所の中ではローラをモデルに起用して知名度のあるDMMビットコインは、各種手数料無料で非常にお得なことと、365日24時間の充実サポート(LINEにも対応)と安心面でもおすすめな取引所です。まだ、取引所を開設していない場合は、DMMビットコインはおすすめです。


 

また、国内の取引所では他にもZaifbitbank(ビットバンク)などがお勧めです。

[Zaif(ザイフ)のアカウントを開設する]

[bitbank(ビットバンク)のアカウントを開設する]

 

目次に戻る

 

 

 

関連記事:【仮想通貨】Red Pulse(RPX)は中国のインテリジェンスプラットフォーム

 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
シュン
23歳。2017年8月に当ブログを開設。1月の月間PVは14万ほど。 今興味がある分野は暗号通貨、分子栄養学、分子生物学など。