【仮想通貨】TrueFlip(TFL)はブロックチェーンベースの宝くじ

【仮想通貨】TrueFlip(TFL)はブロックチェーンベースの宝くじ
Pocket
LINEで送る

 

今回はTrueFlip/TFLというプロジェクト・仮想通貨について調べたことをサクッとまとめました。

 

目次

  1. TrueFlip(TFL)とは
  2. TrueFlip(TFL)の将来性
  3. TrueFlip(TFL)が購入できる取引所

 

TrueFlip(TFL)とは

TrueFlipは、ブロックチェーン技術を用いた分散型ロータリー(宝くじ)です。

ブロックチェーン技術を用いることによってユーザーに匿名性と財務上の透明性を提供するのがTrueFlipのコンセプトのようです。

TFLは配当型のトークンで、チケット購入額の10~15%がBTC建てでTFLトークンホルダーに分配されるシステムになっています。

またTrueFlipの公式ページではチケットの売り上げ高が公開されているため、BTC配当額の計算をすることができます。

⇒TrueFlipの公式ページはこちら

 

現在公式サイト上では「Flip’s Star」というゲームと「Rapid to the Moon」というゲームの2つがプレイできるようです。どちらも数を当てる系のゲームみたいですね。

 

⇒TrueFlipのホワイトペーパーはこちら

⇒TrueFlipの公式twitterはこちら

 

TrueFlip(TFL)の将来性

宝くじの胴元に対する不信感というのは意外と根強いようで、ちょっと調べただけでも「特定の人物のみが当選するように仕組まれている」「宝くじで儲けた金が不正に使用されている」などの噂がたくさん出てきました。

宝くじの高額当選者は基本的には発表されることがないのでそういった噂が出てくるのだと思いますが、TrueFlipは匿名性を担保しながらも透明性が確保された宝くじを作るようなので、こういった問題を解決してくれそうな気がします。

オンラインカジノ×仮想通貨系は結構レッドオーシャン感があって、このブログで過去に紹介したFunFairのほかにもDecent.betなど、かなりたくさんのプロジェクトが存在しています。やっぱりこの領域は儲かるんでしょうね。

TrueFlipの優位性を上げるとしたら既にサービスがローンチしていて稼働しているという点ですかね。

1月4日時点でのジャックポットが403.29BTC貯まってるというのはすごいですね。

 

TrueFlip(TFL)が購入できる取引所

TFLはKucoinという海外の取引所で購入することができます。

 

ただ海外の取引所は日本円での入金に対応していないので、日本の取引所でBTCやETHを購入してデポジットアドレスに送金し、それらの通貨を使用して取引をする必要があります。

日本の取引所の中では送受金手数料と取引手数料が一部無料という非常にお得なBITPOINT(ビットポイント)という日本の取引所でビットコインを購入するのもお勧めです。

 

BITPONTは、今なら登録と入金するだけで3000円分のBTCがもらえるキャンペーン中でもあります。(2月中の登録まで有効)

 

 

[BITPOINT(ビットポイント)のアカウントを開設する]

 

 

また、ETHを国内で購入するならZaif(ザイフ)が板形式での取引なのでお勧めです。

 

[Zaif(ザイフ)のアカウントを開設する]

 

 

 

目次に戻る

 

 

 

関連記事:【仮想通貨】Change(CAG)はスケールの大きいプロジェクト

 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
シュン
23歳。2017年8月に当ブログを開設。1月の月間PVは14万ほど。 今興味がある分野は暗号通貨、分子栄養学、分子生物学など。