【仮想通貨】Hcash/Hshare(HSR)はプロジェクトが実現すればすごいけど

【仮想通貨】Hcash/Hshare(HSR)はプロジェクトが実現すればすごいけど
Pocket
LINEで送る

 

今回はHcash/Hshare(HSR)についてです。

Hcash/Hshare(HSR)とは

Hcashは、「サイドチェーン技術」を用いて異なるブロックチェーン同士をつなぐプラットフォームとなることを目指しているプロジェクトです。

ちなみに名前について、公式サイトではHcashとなっているのですが、取引所などではHshareという記載が多いみたいで、BinanceでもHshareという名前になっています。

二つの名前が存在している理由は、今のところはまだHcashが思い描いている仮想通貨としての機能がほとんど実装されていないからだそうで、2018年の2月には1Hshareと1Hcashが交換され、2018年中にHshareは全てクラッシュされる予定のようです。

ICOによって発行されたHSRトークンの最大発行枚数は8400万HSRに設定されています。

 

Hcashはかなり盛りだくさんな内容になっており、サイドチェーン技術の導入以外にも主に以下のような特徴があります。

・ブロックチェーンとは異なるDAGを採用
・PoWとPoSのハイブリッド
・将来的に量子耐性を実装することを想定した設計
・取引の匿名性を保証するゼロ知識証明を導入予定

Hcashのプロジェクトはこの他にもかなり盛りだくさんなので、詳細について知りたい方はこちらの公式ページを参照してください。

 

Hcashで異なるブロックチェーン同士をつなぐ

異なるブロックチェン同士をつなぐことによってトークン同士の交換がより安全かつスムーズに行えるようになります。

取引所を使ってトークンを交換することは取引所に手数料を払わなければいけないうえに、ハッキングなどのリスクもあります。

トークン同士を直接交換する仕組みがあれば、そういったコストを減らすことができ、また分散型取引所への技術の応用も期待できるといわれています。

ちなみに異なるブロックチェーン同士をつなぐという試みは特に新しいものという訳ではなく、Hcash以外にもいろいろなところで開発がすすめられているようです。

その際に課題となってくるのが異なるブロックチェーン同士の取引でも透明性を確保するというところのようなのですが、富士通研究所はこの実験で透明性の確保に成功し、2018年内には実用化できるように動いているようです。

参考記事:異なるブロックチェーン同士を安全に接続 富士通研が新技術-ITmediaNEWS

 

また、同じくブロックチェーンのインターネットを構築する試みとしてはCOSMOSがあります。こちらもかなり開発が進んでいるようですが、セキュリティ上の問題から予定していたロードマップよりもメインローンチを遅らせているようです。

参考記事:COSMOS:メインネットローンチは2018年2月末-Crypt Currency Magazine

 

Hcashのロードマップを見る限りではこれらのプロジェクトに比べて少し遅れを取りそうな感じがするんですが、どうなんでしょうか。

 

Hcash/Hshare(HSR)は手数料が安い

Hcashは手数料が安いので、マイクロトランザクションに適している通貨でもあります。

現在の送金手数料は0.0001HSRなので、日本円にして約0.5~0.6円程度です。

ほぼ手数料が0に近いということで積極的に使われる可能性があるというところは期待が持てます。

 

Hshareのこれまでの出来事

2018年1月 PoSマイニング機能

PoSマイニング機能の開発が完了しました。メインチェーンが稼動を開始

2018年3月 UBTCの毎月のエアドロップ

ETH、HSR、INK、LTC、QTUMホルダー用のUBTCエアドップ。毎月1日の12:00 UTCのスナップショット

2018年3月 Bithumbへの上場

韓国の大手仮想通貨取引所ビッサム(Bithumb)に上場する通貨は上場した瞬間値が上がる傾向が高いです

・今後の動き-イベント-

公式サイトのタイムラインによると

2018年第3四半期 H-Comm+

HcashクライアントとByteballの間の暗号化された通信の完全な実装

2018年第3四半期 Hcash

完全にHshareを消滅させる

2018年第4四半期以降 Hcash+

ブロックベースインフラストラクチャプラットフォームへのアクセスを継続

・ツイッターの声

・まとめられた比較的最近のブログ記事

https://coinwall.jp/361

Hcash/Hshare(HSR)の今後について

Hshare(HSR)は現在対応が遅れていますが2018年にはHcashに置き換わる予定です。価格を見てみると比較的安定しているように見えます。少し違いますが「リブランディング」と言って通貨のアイコンや名前を変更するものがあります。

例えばAntshaeres(アントシェアーズ)という通貨はリブランディングでNEO(ネオ)という名前に変わり、価格が高騰したことがありました。RaiBloks(XRB)という通貨もNANO(ナノ)にリブランディング直後に高騰したことがありました。Hshare(HSR)の場合はこれらとは少し違いますが実際に変更になった場合価格が高くなるのか注目ですね。

Hshare(HSR)が購入できる取引所

HSRは、Binanceという海外の取引所で購入することができます。

Binanceは使いやすいこともあり、評判も上々の取引所で、世界有数の取引高があるので市場の流動性もあります。

 

[Binanceのアカウントを作る]

 

 

ただ海外の取引所は日本円での入金に対応していないので、日本の取引所でBTCやETHを購入してデポジットアドレスに送金し、それらの通貨を使用して取引をする必要があります。

まだ、開設していない人は参考にしてください。取引所を比較してみた!

順位 BEST1の画像1位 BEST2の画像2位 BEST1の画像3位
仮想通貨取引所 bitflyer GMOコイン DMMビットコイン
取扱銘柄一覧 ビットコイン(Bitcoin) ビットコイン(BTC) ビットコイン/Bitcoin(BTC)
イーサリアム(ethereum) イーサリアム(ETH) イーサリアム/Ethereum(ETH)
イーサリアムクラシック(ethereum classic) ライトコイン(LTC) ネム/NEM(XEM)
ライトコイン(Litecoin) ビットコインキャッシュ(BCH) リップル/Ripple(XRP)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash) リップル/Ripple(XRP) イーサクラシック/Ethereum Classic(ETC)
モナーコイン(Monacoin) ライトコイン/Litecoin(LTC)
LISK(LSK) ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash(BTH)
各手数料
取引所手数料 0.01%~0.15%
販売所手数料 スプレッド スプレッド スプレッド
日本円出金手数料 216~756円 無料 無料
ビットコイン
出金手数料
0.0004BTC~ 無料 0.0008BTC~
購入価格
最低取引単価 0.00000001BTC 0.0001BTC 0.001BTC
最小取引価格 1円以下 100円 1000円
使いやすさ(5段階評価)
購入に関して 55段階評価の枠5段階評価の値 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
取引に関して 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
評価に関しての概要

bitflyerはバランス型の取引所として定評があり、取引量の多さが特徴的でもあります。

初心者の人でもバランスよくトレードができる取引所としても評価されています。

サーバーの安定度とスマホアプリの使いやすさも、高評価の要因となっています。

スマホで手軽に取引可能な取引所として、現在注目されている取引所です。

また実際にアプリも使いやすく、それらが高い評価に繋がっていると考えられます。

最大の特徴はアルトコインのレバレッジ取引ができる点です。

このような取引所は世界でもほとんどないため、今後の展開が注目されている取引所です。

対応について
(アプリやWEB対応に
関しての5段階評価)
55段階評価の枠5段階評価の値 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
セキュリティ
(ウォレットやマルチシグ、
会社の信頼などを踏まえた
5段階評価)
55段階評価の枠5段階評価の値 35段階評価の枠5段階評価の値 35段階評価の枠5段階評価の値
取引所 or 販売所 どちらも対応 販売所 販売所
総合評価(5段階評価) 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値 3.55段階評価の枠5段階評価の値
コメント

総合的に敵なしのイメージで、ライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広いユーザーにおすすめの取引所と言えます。

取引価格、対応、セキュリティ、どれをとっても高評価な取引所です。

スマホアプリが充実し、手軽に取引を行えるのが特徴的であり、魅力的な取引所です。

各種手数料が無料な点も魅力的です。

アルトコインのレバレッジ取引が可能な希少価値のある取引所です。

まだできたばかりの取引所なので、今後にも注目です。

サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
シュン
23歳。2017年8月に当ブログを開設。1月の月間PVは14万ほど。 今興味がある分野は暗号通貨、分子栄養学、分子生物学など。