【仮想通貨】ADK(Aidos Kuneen)はかなり化けそう

【仮想通貨】ADK(Aidos Kuneen)はかなり化けそう
Pocket
LINEで送る

 

今回はADK(Aidos Kuneen)という仮想通貨についてです。

ADK(Aidos Kuneen)とは

Aidos Kuneenはプライバシーやスケーラビリティに焦点を当てた仮想通貨のソリューションです。

 

 

またADKは2017年の6月に公開された仮想通貨で、通貨の最大発行枚数は2500万ADKに設定されています。

 

i Mesh

ADKはブロックチェーン技術とは異なる「i Mesh」という技術を採用しています。

i MeshはByteballなどに使用されているDAGという技術を応用したもので、取引のブロックが直線状に繋がっているブロックチェーンとは異なり、それぞれの取引がメッシュ状に繋げられています。

このような構造にすることによってブロックチェーンが抱えているようなスケーラビリティ問題を回避することができるのがi Meshの特徴です。

もちろんDAGやi Meshがブロックチェーンに比べて優れていると断言できるものではなく、まだまだ発展途上の新技術なので安定的に運用できるかと言うと少し疑問が残るかもしれません。

 

Aidos Kuneenの取引の匿名性

AIdos KuneenはI2P技術を用いることにより取引の匿名性を確保しています。さらにAKshuffleというものを実装するとトランザクションが100%見えなくなり、追跡不可能になるようです。

 

Aidos Kuneenはマイクロトランザクション向き

Aidos Kuneenはそのコア技術の性質上、何と取引手数料が無料だそうです。よって少額の取引を何度も行うマイクロトランザクションでの使用に非常に向いています。

これは個人的に滅茶苦茶すごいと思います。

 

投資家から愛されるADKの開発者

ADKを開発したのは Ricardo Badoer(リカルド・バドエル)氏。ADKホルダーやコミュニティー界隈では通称「ドン」と呼ばれています。

ドンはとにかく投資家第一に行動してくれる開発者であるということで、ADKコミュニティーからは非常に愛されています。

ADKは過去にクリプトダオという海外の取引所に上場されていたのですが、「クリプトダオは信用できない」という判断に至ったリカルド氏は、ADKの上場を廃止させました。

この上場廃止が決定した後に、クリプトダオの取引所のADKのウォレットがすべて削除されるというとんでもない事態が起こります。

クリプトダオにADKを預けていた投資家達が狼狽している中、この件に関して責任のないリカルド氏は自腹を切って失われた分のADKを投資家に変換するという対応をしたそうです。

 

 

いや~この男気はすごいですね。「ドン」という名前が付くのもうなずけます。

イーサリアムのVitalik(ヴィタリック)やライトコインのCharlie(チャーリー)なども有名ですが、もしかしたら投資家から今一番愛されている仮想通貨の開発者はリカルド氏かもしれませんね。(笑)

 

ADKのこれまでの出来事

公式サイトのプログレスタイムラインによると

2017年10月  Aidos FoundationとMisterTangoの間に新しいパートナーシップが締結

Aidos FoundationとMisterTangoの間に新しいパートナーシップが締結され、ADK保有者はIBAN / Swift銀行口座を保護し、デジタル通貨を数秒で決済することができます

2018年11月  モンスターバイトとAidos、パートナーシップを発表

B2Bゲーム会社Monster Byte Inc.と超分散金融ソリューションAidosとの新たなパートナーシップが締結され、それぞれの専門知識を持つ2つのハイテク企業間で新たなシナジーが生まれました

2017年末~  100%匿名

I2pとAKshuffleを実装してトランザクションを100%見えないようにし、トレースを防ぐ

・今後の動き-イベント-

公式サイトのプログレスタイムラインによると

2018年第2四半期~  Aidos Kuneen自体のバンキングネットワーク

より小規模な銀行を引き継ぎ、インターナショナル・バンクとしてオフショア・サービスを提供する

2018年~  中央銀行システムの交換業務の実装

銀行口座の開設が可能になり、Fiat/ADKの取引も可能になる。ユーザーは毎日の銀行業務に対応し、ADKを販売し、銀行口座に秒単位で入金が可能になる

・公式Twitterで日本でのADKの知名度が高いことをアピールしています

・ツイッターの声

仮想通貨界隈は目まぐるしい速度で状況が変わるので、情報へのアクセスが速い人のtwitterをフォローすることが大事だと個人的に思ってます。

ADK投資に興味があるという人は、「情報アカ」という方のツイッターを追っておくといいかもしれません。ADKをメインとして仮想通貨界隈に関する情報がすごい早いです。

アカウントの中の人は韓国の方、なんですかね?どのようなバックグラウンドの方なのか個人的にすごく気になっています。

・まとめられた比較的最近のブログ記事

仮想通貨ADK(Aidos Kuneen)とは?特徴や将来性・取引所での買い方

・ADKへのコメント

ADK(Aidos Kuneen)は機能自体も優秀で、使用目的としてもタクスヘイブンで需要や小額入出金を頻繁に繰り返す貧困層への普及など正に仮想通貨の王道を行く感じがあります。

公式取引所が一時取引停止になっており、それが再開されたと同時に高騰(To the moon)しました。この要因はひとえに日本人向けのインフルエンサーの存在が大きいと思います。

おそらくこの時多くの日本人が買いに走ったと思われます。2017年の年末頃はTwitterでの買い煽りが激化し、そこにコインチェックのCMを見て仮想通貨界に参入してきた初心者達がそれに乗せられ、実際に煽られた銘柄が高騰したのです。

つまりADK(Aidos Kuneen)も含む多くの通貨、未だ開発段階、実需のない銘柄の値が上がる要因としてインフルエンサーの存在は大きく、その点ADKには大きな強みがあると思います。

【企業情報】

ADKが購入できる取引所

ADKは現在Aidos Marketという海外の取引所のみでしか取り扱っていません。

⇒Aidos Marketのページはこちら

 

ただAidos Marketは日本円での入金に対応していないので、日本の取引所でBTCを購入してデポジットアドレスに送金し、それらの通貨を使用して取引をする必要があります。

日本の取引所を簡単に比較してみました。
お得な取引所が簡単にわかります。

順位 BEST1の画像1位 BEST2の画像2位 BEST1の画像3位
仮想通貨取引所 bitflyer GMOコイン DMMビットコイン
取扱銘柄一覧 ビットコイン(Bitcoin) ビットコイン(BTC) ビットコイン/Bitcoin(BTC)
イーサリアム(ethereum) イーサリアム(ETH) イーサリアム/Ethereum(ETH)
イーサリアムクラシック(ethereum classic) ライトコイン(LTC) ネム/NEM(XEM)
ライトコイン(Litecoin) ビットコインキャッシュ(BCH) リップル/Ripple(XRP)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash) リップル/Ripple(XRP) イーサクラシック/Ethereum Classic(ETC)
モナーコイン(Monacoin) ライトコイン/Litecoin(LTC)
LISK(LSK) ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash(BTH)
各手数料
取引所手数料 0.01%~0.15%
販売所手数料 スプレッド スプレッド スプレッド
日本円出金手数料 216~756円 無料 無料
ビットコイン
出金手数料
0.0004BTC~ 無料 0.0008BTC~
購入価格
最低取引単価 0.00000001BTC 0.0001BTC 0.001BTC
最小取引価格 1円以下 100円 1000円
使いやすさ(5段階評価)
購入に関して 55段階評価の枠5段階評価の値 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
取引に関して 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
評価に関しての概要

bitflyerはバランス型の取引所として定評があり、取引量の多さが特徴的でもあります。

初心者の人でもバランスよくトレードができる取引所としても評価されています。

サーバーの安定度とスマホアプリの使いやすさも、高評価の要因となっています。

スマホで手軽に取引可能な取引所として、現在注目されている取引所です。

また実際にアプリも使いやすく、それらが高い評価に繋がっていると考えられます。

最大の特徴はアルトコインのレバレッジ取引ができる点です。

このような取引所は世界でもほとんどないため、今後の展開が注目されている取引所です。

対応について
(アプリやWEB対応に
関しての5段階評価)
55段階評価の枠5段階評価の値 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
セキュリティ
(ウォレットやマルチシグ、
会社の信頼などを踏まえた
5段階評価)
55段階評価の枠5段階評価の値 35段階評価の枠5段階評価の値 35段階評価の枠5段階評価の値
取引所 or 販売所 どちらも対応 販売所 販売所
総合評価(5段階評価) 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値 3.55段階評価の枠5段階評価の値
コメント

総合的に敵なしのイメージで、ライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広いユーザーにおすすめの取引所と言えます。

取引価格、対応、セキュリティ、どれをとっても高評価な取引所です。

スマホアプリが充実し、手軽に取引を行えるのが特徴的であり、魅力的な取引所です。

各種手数料が無料な点も魅力的です。

アルトコインのレバレッジ取引が可能な希少価値のある取引所です。

まだできたばかりの取引所なので、今後にも注目です。

サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

ただ現在Aidos Marketの取引は一時停止しており、いつまた再開するのかが分からない状態になっています。

ビットコインの入金はできる状態みたいですが、一応再開のアナウンスがあるまでは入金しない方が良いでしょう。

今のうちはAidos Marketのアカウントだけ作っておくくらいにして、再開するのを待つというのが良いと思います。

 

追記

どうやらAidos MarketへのBTCのデポジットの受け入れが開始したみたいで、取引もできるようになったみたいですが、あまりにも多くの人が一斉にログインしている状態でまた取引所側が対応に追われているようですね。どんだけ人気なんでしょうか、、、(笑)

 

 

目次に戻る

 

 

 

関連記事:【取引所】BITPoint(ビットポイント)への登録・入金で3000円分のBTCがもらえる!!

 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
シュン
23歳。2017年8月に当ブログを開設。1月の月間PVは14万ほど。 今興味がある分野は暗号通貨、分子栄養学、分子生物学など。