仮想通貨 Time New Bank(TNB)で個人の時間の売買を可能にする

仮想通貨 Time New Bank(TNB)で個人の時間の売買を可能にする
Pocket
LINEで送る

 

今回はTime New Bank(TNB)という仮想通貨/ICOプロジェクトについてです。

Time New Bank(TNB)とは

 

Time New Bankはブロックチェーン技術を用いて売買可能な「個人の時間の市場」を構築するプラットフォームを目指すICOプロジェクトです。Time New Bankプラットフォーム内で使用されるTNBトークンの最大発行枚数は60億枚に設定されています。

 

取引可能な時間市場

Time New Bankにおいては、適正に評価され、市場に出されている個人の時間を購入して、その時間を二次流通、三次流通市場に流すことができます。

(Time New Bank公式ページより引用)

果たして競合になるのかは分からないですが、この辺の仕組みは日本のTimebankとかなり似ている感じですね、名前もメチャクチャ近いですし。

Time New Bankの公式ページにはどういった種類の人物が時間を売るのかというのは書いていないですが、時間の値段が測定されるということはおのずと時間に価値が生じる人物に限定されてくるのだと思います。

この手のサービスで大事なのはどれほどの有名人を時間の売り手として用意できるかというところだと思います。

 

Time New Bank(TNB)のこれまでの出来事

2018年1月 M.I.T Beta 発表

M.I.Tベータ版は、IOSとAndroidアプリケーションの両方が含まれています

2018年3月 公式サイトリニューアル

より多くの情報とより良いユーザーインターフェイスで更新された新しいウェブサイトの立ち上げ

2018年4月 台帳開発とテスト

M.I.Tチェーンのマイニングやウォレット、分散型台帳の開発とテスト

 

今後の動き-イベント-

2018年8月 M.I.Tチェーンの最適化

M.I.TタイムトレーデングのプラットフォームとオープンAPIの開発

2018年10月 ブロックチェーンフォーラム参加

ブロックチェーンフォーラムにてM.I.TとTNBプロジェクトを紹介する

2018年12月 M.I.Tメインチェーンと関連機能の最適化

M.I.T を基盤にしたMiaoAトレーディングプラットフォームの最適化

公式TwitterでHuobiに上場して取引高が1億を超えたと宣伝しています

 

ツイッターの声

まとめられた比較的最近のブログ記事

・仮想通貨TNB(Time New Bank)とは?特徴・買い方・取引所・将来性・チャート・ニュースを解説
・仮想通貨 Time New Bank(TNB)の将来性や特徴は?個人の時間を売買する夢のあるプラットフォーム

 

・Time New Bank(TNB)についてコメント

Time New Bank(TNB)とそっくりのメタップス社のタイムバンクの状況を見てみると少し前までバブル状態で新規時間発行(ITO)に応募し抽選が通ればほぼ高値で売却することができたようで誰でも儲けを出せていたようです。

時期が仮想通貨バブルと重なっているのは偶然ではないのですが(笑)。2017年の様子を見てみると本来の目的と乖離した投機対象になっていたと考えられます。2018年現在上記の必勝法はもう通用しないようです。仮想通貨もまったく同じですが2017年の投機熱が冷めた、まさにこれからTime New Bank(TNB)の本来のコンセプトに需要がでてくるのかが注目です。

 

Time New Bank(TNB)が購入できる取引所

TNBはBinanceBiboxという海外の取引所で購入することができます。

Binanceは使いやすいこともあり、評判も上々の取引所で、世界有数の取引高があるので市場の流動性もあります。

[Binanceのアカウントを作る]

また、Biboxもここ最近急激に勢いを伸ばしている取引所で、次のBinanceやKucoinになるのではないかといわれています。

Biboxはサイトの使いやすさや手数料などの面でも優れているのでお勧めです。扱っているコインもなかなか面白いものが多いです。

[Biboxのアカウントを作る]

ただ海外の取引所は日本円での入金に対応していないので、日本の取引所でBTCやETHを購入してデポジットアドレスに送金し、それらの通貨を使用して取引をする必要があります。

まだ、国内の取引所を開設していない人は参考にしてください。

順位 BEST1の画像1位 BEST2の画像2位 BEST1の画像3位
仮想通貨取引所 bitflyer GMOコイン DMMビットコイン
取扱銘柄一覧 ビットコイン(Bitcoin) ビットコイン(BTC) ビットコイン/Bitcoin(BTC)
イーサリアム(ethereum) イーサリアム(ETH) イーサリアム/Ethereum(ETH)
イーサリアムクラシック(ethereum classic) ライトコイン(LTC) ネム/NEM(XEM)
ライトコイン(Litecoin) ビットコインキャッシュ(BCH) リップル/Ripple(XRP)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash) リップル/Ripple(XRP) イーサクラシック/Ethereum Classic(ETC)
モナーコイン(Monacoin) ライトコイン/Litecoin(LTC)
LISK(LSK) ビットコインキャッシュ/Bitcoin Cash(BTH)
各手数料
取引所手数料 0.01%~0.15%
販売所手数料 スプレッド スプレッド スプレッド
日本円出金手数料 216~756円 無料 無料
ビットコイン
出金手数料
0.0004BTC~ 無料 0.0008BTC~
購入価格
最低取引単価 0.00000001BTC 0.0001BTC 0.001BTC
最小取引価格 1円以下 100円 1000円
使いやすさ(5段階評価)
購入に関して 55段階評価の枠5段階評価の値 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
取引に関して 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
評価に関しての概要

bitflyerはバランス型の取引所として定評があり、取引量の多さが特徴的でもあります。

初心者の人でもバランスよくトレードができる取引所としても評価されています。

サーバーの安定度とスマホアプリの使いやすさも、高評価の要因となっています。

スマホで手軽に取引可能な取引所として、現在注目されている取引所です。

また実際にアプリも使いやすく、それらが高い評価に繋がっていると考えられます。

最大の特徴はアルトコインのレバレッジ取引ができる点です。

このような取引所は世界でもほとんどないため、今後の展開が注目されている取引所です。

対応について
(アプリやWEB対応に
関しての5段階評価)
55段階評価の枠5段階評価の値 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値
セキュリティ
(ウォレットやマルチシグ、
会社の信頼などを踏まえた
5段階評価)
55段階評価の枠5段階評価の値 35段階評価の枠5段階評価の値 35段階評価の枠5段階評価の値
取引所 or 販売所 どちらも対応 販売所 販売所
総合評価(5段階評価) 55段階評価の枠5段階評価の値 45段階評価の枠5段階評価の値 3.55段階評価の枠5段階評価の値
コメント

総合的に敵なしのイメージで、ライトユーザーからヘビーユーザーまで幅広いユーザーにおすすめの取引所と言えます。

取引価格、対応、セキュリティ、どれをとっても高評価な取引所です。

スマホアプリが充実し、手軽に取引を行えるのが特徴的であり、魅力的な取引所です。

各種手数料が無料な点も魅力的です。

アルトコインのレバレッジ取引が可能な希少価値のある取引所です。

まだできたばかりの取引所なので、今後にも注目です。

サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
クリプ
仮想通貨WEBライター。元ネットワークエンジニア。 2018年7月に某IT企業を退職して独立、フリーライターに。 仮想通貨、ブロックチェーン関係の記事を幅広く執筆。 好きな仮想通貨はイーサリアム。最近はdAppsにハマっている。 仮想通貨歴: 2017年4月~ 1BTC=13万円の時に初めてビットコインを買うも、0.5BTCしか買わなかったため後に激しく後悔することとなる。