[仮想通貨]Qtum(QTUM)はビットコインとイーサリアムのハイブリッド

[仮想通貨]Qtum(QTUM)はビットコインとイーサリアムのハイブリッド
Pocket
LINEで送る

 

今回はビットコインとイーサリアムのいいとこどりをしているQtum(QTUM)という仮想通貨/ICOプロジェクトについてです。

 

 

目次

  1. Qtum(QTUM)とは
  2. Qtum(QTUM)はウォレットが軽い
  3. Qtum(QTUM)とウィーチャットとの連携
  4. Qtum(QTUM)が購入できる取引所

 

Qtum(QTUM)とは

 

Qtumは、2016年の12月に公開された通貨で、最大発行枚数は1億枚ですが、発行当初から1%ずつ上昇するという特殊な設定にされています。チェッカーはQTUMです。

Qtumとは、簡単に言ってしまうとイーサリアムとビットコインの良いとこどりをしようというプロジェクトです。

ビットコインは高い安定性を持っているものの、単調なscriptでできているため複雑な処理が苦手な傾向にあります。逆にイーサリアムはスマートコントラクトを利用しているため複雑な処理が可能ですが、リプレイ攻撃に弱い面があるなど、ビットコインほどの堅実なセキュリティーはありません。

そこで高いセキュリティーを保ちながら複雑な処理を可能にしたのがQtumです。

詳しい技術的な仕組みが知りたい方はQtumの公式ページを参照してください。

 

Qtum(QTUM)はウォレットが軽い

Qtumはイーサリアムのいいとこどりをしている一方で、イーサリアムの弱点であるオンラインウォレットの重さという弱点を克服しています。

イーサリアムのウォレットが重くなってしまう原因は、ウォレットをダウンロードする際にそれまでのイーサリアムネットワーク上の取引データもダウンロードしなければならないからです。

一方Qtumは一部の取引データのダウンロードだけで済むので、データ容量をとらずに重くなりにくいのです。

 

Qtum(QTUM)とウィーチャットとの連携

ウィーチャットはテンセントが運営しているメッセージアプリで、中国版LINEとも言われています。

Qtumは、このウィーチャット内でのQTUMトークンの流通を目指す計画があるようです。この計画では、ウィーチャット内でユーザーがQTUMを送りあったり、ウィーチャット内の製品やサービスが購入できるようになることを目指しているようです。

ウィーチャットは11億2000万人が使用するメッセージアプリであると言われているので、もしこの計画が実現したら、Qtum経済圏はとんでもないスケールまで拡大することになるでしょう。

Qtumはアリババのプロダクトマネージャーであるパトリック氏が共同創業者であることから、中国市場との親和性が高いのが特徴と言えるのかもしれません。

中国市場は大きな可能性があるものの、当局からの規制のリスクが高いという点も考慮する必要があります。

 

Qtum(QTUM)が購入できる取引所

Qtum(QTUM)はBinanceという海外の取引所で購入することができます。

Binanceは使いやすいこともあり、評判も上々の取引所で、世界有数の取引高があるので市場の流動性もあります。

 

[Binanceのアカウントを作る]

 

 

ただ海外の取引所は日本円での入金に対応していないので、日本の取引所でBTCやETHを購入してデポジットアドレスに送金し、それらの通貨を使用して取引をする必要があります。

日本の取引所でビットコインを購入するなら売買手数料が無料なBITPOINT(ビットポイント)bitbank(ビットバンク)などの取引所がお勧めです。

 

BITPOINTは、現在新規登録と入金をするだけで3000円分BTCがもらえるキャンペーン中でもあります。(2018年2月中の登録まで有効)

 

[BITPOINT(ビットポイント)のアカウントを開設する]

 

 

[bitbank(ビットバンク)のアカウントを開設する]

 

また、ETHを国内で購入するならZaif(ザイフ)が板形式での取引なのでお勧めです。

 

[Zaif(ザイフ)のアカウントを開設する]

 

 

目次に戻る

 

 

関連記事:[仮想通貨]Dashはジンバブエを救うかも

 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
クリプ
仮想通貨WEBライター。元ネットワークエンジニア。 2018年7月に某IT企業を退職して独立、フリーライターに。 仮想通貨、ブロックチェーン関係の記事を幅広く執筆。 好きな仮想通貨はイーサリアム。最近はdAppsにハマっている。 仮想通貨歴: 2017年4月~ 1BTC=13万円の時に初めてビットコインを買うも、0.5BTCしか買わなかったため後に激しく後悔することとなる。