[仮想通貨]融資を民主化するETHLend(LEND)は頭一つ抜けられるか

[仮想通貨]融資を民主化するETHLend(LEND)は頭一つ抜けられるか
Pocket
LINEで送る

 

今回は「融資の民主化」を目指す仮想通貨/ICOプロジェクト、ETHLendについてです。

 

 

目次

  1. ETHLend(LEND)とは
  2. ETHLendによる融資が行われる手順
  3. ETHLENDはLendでの支払いを優遇する
  4. ETHLend(LEND)は競合が多そう
  5. LENDが購入できる取引所

 

ETHLend(LEND)とは

ETHLendは、ブロックチェーン上で世界中の人が自由にお金の貸し借りができるようになるプラットフォームを目指しているICOプロジェクトです。

プラットフォーム内で使用されるのがLENDトークンです。

ETHLendはまずはイーサリアムを手軽に素早く融資できるプラットフォームを構築し、2018年からはその他のアルトコインでの融資にも対応できるようにしていく予定とのことです。

⇒ETHLendの公式ページはこちら

⇒ETHLendのホワイトペーパーはこちら

⇒ETHLendの公式twitterはこちら

 

ETHLendによる融資が行われる手順

ETHLendによる融資はスマートコントラクト(契約の自動化)技術を用いて行われます。

まず融資の借り手が貸し出しの要求を出すと、スマートコントラクトが作成されます。そして借り手はスマートコントラクトに借りたい金額や金利、期間などを設定した後、融資に必要な担保となるトークンをスマートコントラクトに転送します。

以上の手順を踏むことで貸し手は好きな相手に自由に融資を行うことができます。

また、設定された期間を過ぎても融資した金額が返金されなかった場合には、借り手の担保であるトークンが貸し手のアドレスに転送される仕組みになっています。

ETHLendでは無担保での融資も行うことができ、その場合は金利も通常より高く設定されるようです。

ETHLendは、こういったプラットフォームを構築することで、現在のファイナンスシステムが抱えている問題を解決しようとしているようです。

 

ETHLendはLENDでの支払いを優遇する

ETHLendでは、プラットフォーム内での支払い手段としてLENDを利用することを奨励しています。

将来的にはLENDを支払い手段として利用すると手数料無料化、50%のディスカウントをするサービスの展開を予定しているようです。

この辺はBinanceとかでBNBを使うと取引手数料が安くなる、というようなシステムに似ていますね。

参考記事:Introducing zero-fee lending when LEND is used as the medium and 50% fee reduction for LEND backed Loans

 

ETHLend(LEND)は競合が多そう

ブロックチェーンを用いたP2Pの融資プラットフォームのようなサービスは競合が多いと思うので、その中でETHLendがどう頭一つ飛び抜けられるかというところがポイントだと思っています。

ちなみにETHLendと似たようなプロジェクトにはLendoitSALTEVEREXなどがあります。

 

LENDが購入できる取引所

LENDはBinanceやKucoinという海外の取引所で購入することができます。

 

 

Binanceは最近登録者数が600万人を突破し、一時はアカウント開設に制限をかけていたほど(今後もかかる可能性あり)の人気仮想通貨取引所です。

 

[Binanceのアカウントを作る]

 

 

ただ海外の取引所は日本円での入金に対応していないので、日本の取引所でBTCやETHを購入してデポジットアドレスに送金し、それらの通貨を使用して取引をする必要があります。

日本の取引所の中ではローラをモデルに起用して知名度のあるDMMビットコインは、各種手数料無料で非常にお得なことと、365日24時間の充実サポート(LINEにも対応)と安心面でもおすすめな取引所です。まだ、取引所を開設していない場合は、DMMビットコインはおすすめです。


 

また、国内の取引所では他にもZaifbitbank(ビットバンク)などがお勧めです。

[Zaif(ザイフ)のアカウントを開設する]

[bitbank(ビットバンク)のアカウントを開設する]

 

目次に戻る

 

 

 

関連記事:[仮想通貨]Dashはジンバブエを救うかも

 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
クリプ
仮想通貨WEBライター。元ネットワークエンジニア。 2018年7月に某IT企業を退職して独立、フリーライターに。 仮想通貨、ブロックチェーン関係の記事を幅広く執筆。 好きな仮想通貨はイーサリアム。最近はdAppsにハマっている。 仮想通貨歴: 2017年4月~ 1BTC=13万円の時に初めてビットコインを買うも、0.5BTCしか買わなかったため後に激しく後悔することとなる。