「ハードウェアウォレットは買うべきか」問題

NO IMAGE
Pocket
LINEで送る

 

 

皆さん、ハードウェアウォレット持ってますか?

 

 

ハードウェアウォレットとは

ハードウェアウォレットは、仮想通貨をオンラインの取引所ではなく、オフラインのデータ上に保管しておくためのものです。仮想通貨はオンライン上にある限り常にハッキングなどによる盗難のリスクにさらされているので、高額の仮想通貨を保管しておく手段としてハードウェアウォレットが推奨されています。

 

取引所のセキュリティは完全ではない

「仮想通貨はとりあえず取引所に預けておけば大丈夫でしょ」と思っていませんか?残念ながら仮想通貨の保管場所として取引所というのは決して100%安全な場所とは言えないのです。

「いやでも2段階認証してるし」「分散型取引所なら大丈夫でしょ?」と思われる方もいるかもしれませんが、それさえも完全に安全だとは言えません。

仮想通貨をオンライン上で保管している限りは、常に盗難のリスクにさらされているということを覚えておきましょう。

今日見たWIREDの記事によると、仮想通貨を盗む方法というのは意外と古典的なものも結構あるらしく、そういった古典的な手法が通用するほど今仮想通貨を保有している人のセキュリティ意識というのは甘いらしいのです。

 

参考記事:仮想通貨は「身近な脅威」にさらされている──改めて知っておくべきビットコインのセキュリティ対策-WIRED

 

こういった古典的な手法で仮想通貨を盗まれないために、ハードウェアウォレットが活躍します。ハードウェアウォレット自体が盗まれるような状況にならない限り、今のところセキュリティー対策としては一番優れているといえるでしょう。

 

暗証番号やシードなどを紛失したら大変

ハードウェアウォレットのデメリットとしては、暗証番号やシードと呼ばれる暗証番号を復元するためのパスコードを無くしてしまった場合には仮想通貨の取り出しがほぼ不可能になってしまうという点です。

ハードウェアウォレットを使う人は暗証番号やシードの管理にも厳重の注意を払うのが良いでしょう。

 

ハードウェアウォレットは買うべきか?

ハードウェアウォレットは買うべきか?ということで悩んでいる人は多いかと思います。僕の個人的な意見としては、「高額の仮想通貨を保有している人は持っておくべきだけど、数万程度の仮想通貨しか持っていない人にはいらないかな」って感じです。

いわゆる「億り人」と言われているような人たちは数万円程度のお金で自分の資産を守るためのセキュリティーを強められるなら安いもんですが、そもそも取られてもそこまでダメージがでかくないという人があえて数万円払って購入するのはどうなのかなと思います。

ちなみに僕はハードウェアウォレットは持ってませんが、今後「億り人」になれたら絶対買うつもりです(笑)。

 

ハードウェアウォレットの種類

ハードウェアウォレットごとに保管できる仮想通貨の種類が違います。ハードウェアウォレットを購入する際には自分が持っている仮想通貨に対応しているかどうかをしっかり確認しましょう。

ここではメジャーなハードウェアウォレットをいくつか紹介します。

 

TREZOR(トレザー)

ハードウェアウォレットの中では今のところ一番メジャーなのがこのTREZORではないでしょうか。カラーはブラック・グレー・ホワイトの3つから選ぶことができます。TREZORでは暗証番号を忘れたときもあらかじめ設定しておいたシードと呼ばれる24個のパスコードを入力することで復元することができます。

保管できる仮想通貨:ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリイウム・ライトコイン・ダッシュ

 

[TREZORを購入する]

 

 

Ledge Nano S(レッジナノエス)
Ledger Nano S - The secure hardware wallet

Ledger NanoSはとにかく多様な仮想通貨に対応しているので、複数の仮想通貨を大量に保有しているという人にお勧めです。ただし、アプリと連動しているので完全にオフラインで使用できるわけではないということには注意が必要です。

保管できる仮想通貨:ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリウム・イーサリウムクラシック・リップル・ライトコイン・ジーキャッシュ・ダッシュ・ドージコイン・ストラティス

 

[Ledge Nano Sを購入する]

 

 

KeepKey(キープキー)

KeepKeyはとにかく見た目がおしゃれでスクリーン画面が大きいので、デザインと使いやすさに長けているハードウェアウォレットです。

保管できる仮想通貨:ビットコイン・イーサリウム・ライトコイン・ドージコイン・ダッシュ・ネームコイン

 

[Keepkeyを購入する]

 

 

「そもそも仮想通貨自体持ってないよ~」って人はZaif(ザイフ)BITPOINT(ビットポイント)などの取引所で少額からでもBTCやETHなどを購入するといいと思います。

 

 

[Zaif(ザイフ)のアカウントを開設する]

 

 

BITPOINTは現在新規登録と入金をするだけで3000円分のBTCがもらえるキャンペーン中でもあります!!(2018年2月中の登録まで有効)

 

[BITPOINT(ビットポイント)のアカウントを開設する]

 

 

関連記事:ブロックチェーンを超える!?新技術DAGを搭載したByteballとは

 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
シュン
23歳。2017年8月に当ブログを開設。1月の月間PVは14万ほど。 今興味がある分野は暗号通貨、分子栄養学、分子生物学など。