現金信仰が強い人はデビットカード使ってみたら?

NO IMAGE
Pocket
LINEで送る

 

 

結構前から日本人のクレジットカード嫌いはメディアに取り上げられてきましたが、まだまだ「借金をするのが嫌だ」という理由でクレジットカードを使わないという日本人は多いようです。

 

 

図表1 日本の個人消費における決済手段の割合の推移

 クレディセゾン社決算資料(日本生命ホームページより引用)

 

 

 

このデータを見ると少しずつ電子マネーやクレジットカードでの決済が進んでいるようですが、いまだに日本人の現金進行は根強いみたいですね。

僕も実は恥ずかしながらクレジットカードを持っていないので、今まで電子マネーなどにお金が入っていないときは、コンビニのレジで後ろに列ができていても財布から小銭をジャラジャラと取り出して支払いをしているちょっと迷惑な客の一人でした。

ただ、最近になって自分が持っているキャッシュカードにデビットカード機能がついていることを思い出して、ふと使ったのです。

そこで「デビットカードってめっちゃ便利!!」と痛感し、いまさらながらキャッシュレス生活の便利さに目覚めてしまいました。(笑)

デビットカードは口座のなかにすでにあるお金を使うだけなので、自分の持っているお金以上の金額を使ってしまうような心配はありません。「借金をしたくない」と頑なに考えている人にとってはちょうど良いのではないでしょうか。(僕は別に借金とかを気にしてるわけではなくて学生の時にクレジットカードを作り損ねてそのままずるずるとクレジットカードを持たずに来てしまっただけなのですが(笑))

さらに、あまり注目されることの少ないデビットカードですが、意外なメリットもあるのです。

 

 

基本的に誰でも発行できる

クレジットカードを作成するためには、カード会社の審査に通らなければなりません。大学生とかならば収入が少なくても審査に通るかもしれませんが、学生でなければある一定水準の安定的な収入がないと、クレジットカードを作るのが難しくなってしまいます。

しかし、デビットカードなら基本的に誰でも作れます。

デビットカードは自分の口座にあるお金の範囲内で支払いをするだけなので、カードを発行する会社がリスクを負うことは一切ないからです。(ちなみにクレジットカードを発行しているのはカード会社ですが、デビットカードを発行しているのは銀行です。)

クレジットカードの審査に通らないけど会計をスムーズに済ませたいという人は、まずは作りやすいデビットカードから作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

レジでの支払いがスムーズ

デビットカード支払いなら、分割払いということはあり得ないので、レジで「一括ですか?分割ですか?」と聞かれることなくスムーズにお会計ができます。たった2、3秒のやり取りですけど、会計の際のやり取りはなるべく最小限な方が良いですよね。

 

 

少額での支払いをする精神的ハードルが低い

これは個人的に感じているだけかもしれませんが、デビットカードはクレジットカードよりも数百円とかの少額決済に向いていると思うのです。

「クレジットカード支払いは数千円以上の買い物のときにするもの」という固定観念が自分の中にあるからかもしれませんが、ちょっとしたコンビニでの買い物とかにはデビットカードでの支払いのほうが精神的ハードルが低いです。ただデビットカードの存在自体がマイナーなので、レジで「デビットカード払いで」と言うと、「デ、デビットカード?」という反応をされてしまうことがたまにあります。(笑)

基本的にデビットカードはクレジットカード払いとして処理されます。(これは僕が今までJCBの楽天デビットカードで支払いをしてきたお店全てでそうでした。)

なので、「デビットカード払いで」と言って通じないときは、「デビットカードなんですがクレジット払いでお願いします」と言ってあげると店員さんもスムーズに会計ができるかと思います。

 

チャージの必要がない

ここまで読んで、「電子マネーでよくね?」と思った方がいらっしゃるかもしれませんが、デビットカードが電子マネーよりも優れているのは、チャージをする必要がないということです。

デビットカードは自分の口座からそのままお金が支払われるので、給料が入った瞬間にそのお金を使うことができるのです。

suicaなどの電子マネーに給料の支払いをすることは出来ないので、チャージの手間が省けるというのがデビットカードの便利なところです。

 

 

ただデビットカードはセキュリティ面で不安が残る

ここまではデビットカードのメリットを述べてきましたが、デビットカードを使う際に心配なのが、盗難にあったり紛失した際、他人に不正使用されてしまわれやすいということです。

デビットカードは暗証番号なしで支払いできるので、他人のカードを簡単に使えてしまえるのです。

また、デビットカードは使用した瞬間に口座からお金が引き落とされるので、不正使用された場合に取り返すのが非常に困難になります。

その点クレジットカードならば、使用してから実際にお金が引き落とされるのが1か月後くらい後なので、不正利用されたあとに対処しやすいのです。

 

まあ結論としては、クレジットカードを使うのが本当は一番いいんだけど、「クレジットカードを使うと借金地獄がー」という恐怖を払拭できないという人はデビットカードでワンクッション置いてキャッシュレス生活の便利さを体感したほうがいいんじゃないかということです。

 

 

ちなみに僕は普段楽天のJCBのデビットカードを使っています。

 

楽天デビットカードは、年会費無料でJCBとVISAの2種類があり、1000円の支払いにつき10ポイント楽天スーパーポイントが付く仕組みになっています。

また、J/Secureという本人認証サービスがあります。これはネットショッピングなどで買い物をする際に本人認証パスワードを入力することにより、カードの盗難によるなりすましの被害を防ぐためのものです。デビットカードの弱点である盗難やなりすましに対応しているシステムなので、デビットカードがほしいという方は楽天カードがお勧めです。

 

楽天カードをまだ作っていないという方はぜひ!

楽天カードを作る

 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
シュン
23歳。2017年8月に当ブログを開設。1月の月間PVは14万ほど。 今興味がある分野は暗号通貨、分子栄養学、分子生物学など。