これからは分散型取引所(DEX)がメジャーになる

NO IMAGE
Pocket
LINEで送る

 

今回は分散型取引所というものについて説明したいと思います。

分散型取引所とは、DEX(Decentralized Exchange)とも呼ばれており、企業などが中央で管理しなくても暗号通貨の取引ができるプラットフォームのことです。

ちなみにzaifやコインチェック、ビットフライヤーなど企業が運営する仮想通貨取引所は、中央集権型取引所(Centralized Exchange)と言われています。

 

 

分散型取引所はリスク管理に優れている

暗号通貨の取引は、ブロックチェーン(分散型取引台帳システム)を用いて行います。ブロックチェーン上での取引をするためには、秘密鍵と公開鍵が必要で、公開鍵はすべてのユーザーに公開されており、秘密鍵は非公開の状態になっています。

中央集権型取引所で暗号通貨の取引をする場合には、自分のウォレットの秘密鍵は取引所が管理することになります。

秘密鍵を取引所が管理することのデメリットは、取引所が外部からハッキングに遭って暗号通貨が盗まれたり何らかの理由で取引所での暗号通貨の取引が不可能になってしまった場合に、自分の資産を引き出すことができなくなってしまうということです。

これに対して分散型取引所は、秘密鍵を個人が所有して管理することができます。

こうすることによって、取引所の不手際によって自分の資産を失うというリスクを回避することができます。

 

 

分散型取引所のデメリットとは

リスク管理の面から優れている取引手法だと思われる分散型取引所ですが、いくつかのデメリットもあります。

 

一つ目のデメリットはコストがかかるということです。分散型取引所での取引では、オーダーブック(暗号通貨の取引において)をオンチェーン上(ブロックチェーン上)で管理しています。それによって注文をするときにはいちいちブロックチェーンのデータを書き換えなければいけません。この際にブロックチェーンのネットワークを維持するのにコストがかかってしまうのです。

中央集権型取引所の場合にはオーダーブックはオフチェーン(ブロックチェーン外)で管理されているので、このようなコストがかかることはありません。

 

もう一つのデメリットとしては、法定通貨の入出金ができないということです。ビットフライヤーやコインチェックなどでの暗号通貨の取引において円やドルなどの法定通貨の入出金が可能なのは、取引所が仲介をしているからです。法定通貨は暗号通貨のようにブロックチェーン上にデータとして載せて取引をすることはできないので、オンチェーンのみで取引をする分散型取引所での取引では入出金をすることができないのです。

 

 

技術の発展によりデメリットはなくなりつつある

しかしこれらのデメリットも、技術が進歩していくにつれてどんどん解消されつつあるようです。

コスト面に関していえば、近年発達してきているオフチェーン処理とアトミックスワップ(ハッシュ値を埋め込んだトランザクションを利用することで取引相手を信用していなくても安全にコインの交換ができる手順のこと)を組み合わせることにより、オフチェーン上でオーダーブックを管理することができるようになりつつあります。この技術が実用可能な段階になったらオンチェーンでのオーダーブックの管理にかかるコストを削減することができます。

また、法定通貨の入出金ができないということに関しても、暗号通貨がより生活の一部として組み込まれるようになれば、デメリットとして感じない人も増えてくることでしょう。

 

 

 

今は中央集権型取引所に比べて利便性に劣る分散型取引所ですが、将来的には暗号通貨取引のメジャーな手法となることは間違いないでしょう。

 

以上、分散型取引所に関する説明でした。

 

 

 

 

そもそも暗号通貨自体持ったことがないという方はまず取引所に登録しましょう!!

 

⇒ビットフライヤーに登録する

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

 

 

暗号通貨に関してのほかの記事もぜひご一読ください!

⇒国家主導のICOは既存の暗号通貨を駆逐するかもしれない | シュンとブログ

⇒ハードフォークは取引所にだけコストを押し付けるシステム | シュンとブログ

 
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
シュン
23歳。2017年8月に当ブログを開設。1月の月間PVは14万ほど。 今興味がある分野は暗号通貨、分子栄養学、分子生物学など。